ここから本文です

鳥栖の豊田陽平が語るどん底からの 復活劇。「ダメなら引退するだけ」

6/14(金) 7:17配信

webスポルティーバ

「自然と涙が出そうになるんですよ」

 サガン鳥栖で10年目になる元日本代表FW豊田陽平(34歳)は、そう言って少し照れたように笑った。

女子W杯で笑顔がはじける。輝きを放つ注目のヤングプレーヤーたち

「最近は1試合1試合、これが最後だと思ってピッチに立っています。試合前は、家族の写真を見て集中を高めるんですが、これで最後と思うと本当に泣きそうになって(苦笑)。だから、少しも手を抜けないし、抜かないし、最後まで走れるんですよ。サッカーができる幸せを噛みしめています」

 その渾身が、人間の限界を超えさせるのだろう。

 5月26日、本拠地に鹿島アントラーズを迎えた一戦は象徴的だった。急に春から夏に変わったような気候変化で、厳しいコンディションだった。豊田はごつごつと鹿島のディフェンダーとやり合い、消耗戦を戦った。後半アディショナルタイム、鹿島の選手に疲労の色が見えていた。裏に抜けたボールの折り返しに、豊田は集中を切らさず身体を動かし、ポジションに入る。左足でボールを確実に叩いてネットを揺らし、決勝点を決めた。

 信じられない動きだった。

「正直、得点シーンの前後はあまり覚えていません。ビデオを見返し、こんなだったかなって。でも、自分は得点が入るときは無心というか、考えずに身体が動くんですよ」

 豊田は日に焼けた頬をほころばせ、白い歯を見せた。

 今シーズン、新たに就任したルイス・カレーラス監督から、豊田はほぼ干されていた。

「何も悪いことはしていないのに、とは思っていましたよ」

 豊田はあけすけに笑い、小さく息をつく。

「でも、自分は練習から100%やるだけ。チームを出るという発想は少しもなかったですね。自分がこのクラブで今までやってきて、J1に上がって、代表にもなれたのは事実で、きれいごとに聞こえるでしょうけど、クラブ愛というか......」

 しかしここ2年ほど、豊田は「鳥栖のエース」の称号を"剥奪"され、理不尽な扱いを受けていた。

 2010年、豊田は当時J2だった鳥栖に入団。2年目でJ2得点王に輝き、チームをJ1へ昇格させる原動力になった。

1/3ページ

最終更新:6/14(金) 7:17
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ