ここから本文です

函館スプリントSは大荒れか。 激走パターンを紐解き→3頭がくるぅ~

6/14(金) 5:57配信

webスポルティーバ

今週から夏の北海道開催がスタート。その開幕を飾るのが、GIII函館スプリントS(6月16日/函館・芝1200m)だ。

【写真】注目の2歳馬

 今年は、GI高松宮記念(4着。3月24日/中京・芝1200m)で1番人気に支持されたダノンスマッシュ(牡4歳)と、前走でGII京王杯スプリングC(5月11日/東京・芝1400m)を勝ったタワーオブロンドン(牡4歳)の「2強」といった様相を呈している。

 しかし、この2頭ですんなり決まるとは言い切れない。なにしろ、近年の函館スプリントSは、かなり荒れ模様にあるからだ。

 2013年以降、1、2番人気の勝利はなく、馬券に絡んだこと(3着以内)も、それぞれ1回ずつしかない。代わって、2014年には8番人気のガルボが、2016年には12番人気のソルヴェイグが金星を挙げ、3連単は2014年が87万2270円、2016年が39万7650円の高配当をつけた。

 さらに、2015年には4番人気のティーハーフが勝利し、2着に14番人気のアースソニック、3着に12番人気のレンイングランドが突っ込んで、3連単の配当は94万4140円という高額となった。

 こうした傾向から、今年も波乱ムードが漂っており、穴狙いに徹してみてはどうだろうか。そこで、過去10年の結果を参考にして、人気2頭を打ち負かす伏兵馬を探し出してみたい。

 まず狙ってみたいのは、この時期、軽量で挑める3歳馬。なかでも、重賞やオープン戦を勝った実績がありながら、上位人気が見込めない馬が狙い目だ。

 先述したソルヴェイグやレンイングランドがいい例。ソルヴェイグはGIIフィリーズレビュー(阪神・芝1400m)を、レンイングランドは2歳時にオープン特別のクリスマスローズS(中山・芝1200m)を勝っていたが、その後に惨敗を喫したり、成績が振るわなかったりしたことで、人気を落としていた。

 また、2014年に4番人気で3着となったクリスマスもそう。同馬も2歳時にGIII函館2歳S(函館・芝1200m)で勝利していながら、その後のクラシック戦線で敗戦を重ねていたため、上位人気を争うまでには至らなかった。

1/3ページ

最終更新:6/14(金) 5:57
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事