ここから本文です

蒼井優&菊池亜希子が語るアンジュルム和田彩花「自分を貫いてここまで上り詰めた、それが感動的」

6/15(土) 12:00配信

エンタメNEXT

メンバーの感情が剥き出しのライブ

菊池 和田さん自身も言っているように、4人時代のスマイレージは歌が明らかに上手なメンバーがいて、むしろ自分は歌が苦手だったと。

──小川紗季さんは歌が上手だし、前田憂佳さんは抜群のルックスだし、福田花音さんはアイドル頭が半端じゃなかったですからね。

菊池 そうなんですよ。歌が上手い子、ダンスが上手い子……アイドルにはいろんな才能を持った子がいるじゃないですか。そんな中、デビュー当時はアイドルとしてのポテンシャルがズバ抜けて高いわけではなかった和田さんが、自分を貫いてここまで上り詰めた。そのことが感動的だと私は思うんです。自分の身をもって証明してみせたというか。

蒼井 だから技術だけじゃないんでしょうね。「技術もいいけど、感情は?」ってメンバーは和田さんに言われることがあるそうですし。

菊池 ある意味、お芝居と似ているなと感じる部分もあるんです。舞台で演じるということは、感情の交換をし合うことですから。舞台を観ていると、たまに演技を超えて本当の感情が溢れ出していることがあるんですよ。そういうのってお客さんにも伝わるんですよね。「いつも練習しているやりとり」を超えた瞬間はゾクッときますし。

蒼井 アンジュルムのライブの素晴らしさって、まさにそこなんです。毎回、メンバーが剥き出しで感情のやりとりをしていますから。

──お2人は『ASAYAN』時代から追いかけているわけで、中澤裕子さんや後藤真希さんの卒業で「もうハロプロはおしまいか……」と思われた時代も知っているはずです。

菊池 でも、そういう意味でいうと今回はまったく心配していないです。“違う個性を認め合う”という和田さんイズムをメンバーたちはよく理解しているし、何より和田さんの卒業発表があってからギアチェンジしたんですね。メンバー全員、すごいスピードであらゆる方向に進化していますから。

蒼井 中西(香菜)さんも大人っぽくなったし、勝田(里奈)さんも本当に歌の進化がヤバいし……。

──省エネ系ダンスとか冷やかされていた勝田さんは過去の存在だと?

蒼井 いやいや。省エネって言われつつも、もともと(ハロプロ)エッグ魂を持っている人ですからね。ここに来て今一度その魂に火がついている感じはあります。「青い炎が赤い炎に変わった」と私は表現しているんですけど(笑)。勝田さんの高音フェイクとハモは本当にたまらないです!

2/4ページ

最終更新:6/15(土) 12:00
エンタメNEXT

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事