ここから本文です

地球の裏側にあるボールもつかめる!? 「テレロボティクス」の驚くべき世界

6/15(土) 12:12配信

WIRED.jp

まるで世界を初めて探検する赤ん坊のような気分だ。コンピューターで制御された手袋をはめ、小さなおもちゃのバスケットボールに手を伸ばす。その動きを、ロボットアームとロボットハンドが完全に“コピー”している。ゆっくりとボールをつかんでもち上げ、腕を振った。ボールが手を離れ、プラスティックカップに入る。

【動画】「テレロボティクス」の驚くべき世界

とても誇らしい気分だった。目の前のコンピューターから拍手喝采が沸き起こる。ただし、拍手を送っている人たちは、ここサンフランシスコにいない。英国にいるのだ。実際、ロボットハンドとボールはロンドンにある。わたしは単に、大西洋の向こう側にあるハードウェアを駆使したにすぎない。

「ものに触れた感覚」が海を渡る

この離れ業を達成するために使った「Shadow Hand」は、おそらく地球上で最も複雑なロボットハンドだろう。指先の一つひとつにセンサーが付いているおかげで、ロボットが「ものに触れた感覚」が海を渡り、はめているハプティック手袋に伝えられる。

もしShadow Handがボールをかすめた程度であれば、わずかな感覚しか伝わらない。ボールを握ったら、受け取る感覚は強まる。驚いたことに、横のテーブルに置かれた携帯電話によって4Gの通信でシステムを動かしているにもかかわらず、わたしとロボットの動きに時差はほとんどなかった。

手袋をはめたわたしは確かにロンドンに「いる」のに、そこに実在はしない。ボールを「感じている」が、本物のボールを生身の肌で感じているわけではない。再現された感覚を得ているにすぎないからだ。指先に感じる優しい刺激はまるで、一つひとつの指先で妖精のピクシーたちが踊っているようだとでもたとえられるだろうか。

奇妙で驚くべき「テレロボティクス」の最前線へようこそ。テレロボティクス、それはロボットを遠隔操作する技術を指す。遠隔操作で医療手術や爆弾処理を担うロボットは、すでに触れた感覚をオペレーターに対して簡単に伝えているが、ほとんどの場合は衝撃を伝えるだけだ。この豊かで精巧な感覚とは比較にならない。

1/3ページ

最終更新:6/15(土) 12:12
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.34』

コンデナスト・ジャパン

2019年9月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.34「ナラティヴと実装」社会実装の可能性を探るべく、2020年代の実装論を総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事