ここから本文です

キム・カーダシアン、持ってる「毛皮」の服を全てフェイクに作り替え

6/15(土) 7:04配信

コスモポリタン

現在、弁護士資格を取得するため猛勉強中のお騒がせセレブとして有名なキム・カーダシアン(38歳)。SNSで絶大な影響力を誇る彼女が、自分の持っていたリアルファーの服を全てフェイクに作り替えたことを明らかにした。

【写真】かなり変わった!キム・カーダシアンのファッション変遷23

以前から高価な毛皮を好んで着ていたキムは、過去にレッドカーペットを歩いているところを動物愛護団体PETAに後ろから小麦粉を投げつけられたり、娘のノース・ウエストちゃんに超高級ファーを着せた写真をSNSにアップして炎上したりと、問題になったこともちらほら。

現在、「グッチ」や「アルマーニ」「バーバーリー」などの名だたるハイブランドが続々と脱・リアルファーを宣言。ヘイリー・ビーバーやマイリー・サイラスなど多くの海外セレブたちもエコファーのファッションを楽しんでおり、世界的に毛皮を使用することを中止する運動が広がっている。

そんな中、キムは6月11日(現地時間)に娘のシカゴ・ウエストちゃんが白のファーコートを身に纏った写真をインスタグラムに投稿。そこで、自身が持っていたリアルファーの服全てをフェイクファーに作り替えたことを報告した。

「私がこれを着ていた時のことを思い出して。彼女は私と全く同じルックを選んだの(笑)。でも面白い事実がひとつ…私は全ての毛皮をフェイクに作り替えたのよ。」

2018年には、ヴィーガンで動物の保護活動を積極的に行っているモデルで女優のパメラ・アンダーソンがキムに毛皮を辞めるよう手紙を送ったことが話題に。これによりフェイクファーへ切り替えることを決めたキムだけど、今回完全にリアルファーから卒業したことを宣言。これにより、益々ファーフリー運動に拍車がかかるかもしれないですね。

最終更新:6/15(土) 7:04
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事