ここから本文です

プロ野球速報のPV数から見る人気球団ランキング、1位は広島、最下位は?

6/15(土) 7:20配信

@DIME

盛り上がりを見せるプロ野球。セ・リーグでは4月不振にあえいだカープが5月に入ると破竹の20勝を達成して首位に立ち、一方のパ・リーグでは楽天、ソフトバンク、日ハムなどが、わずか数ゲーム差の中で1位の座を奪い合うという混戦の様相を呈している。

そんなシーズン開始から2か月あまりが経過した現時点において、もっとも注目されている球団というと、いったい、どこになるのだろうか?

そこで今回、NTTレゾナントが運営する「goo+d ランキング(グッドランキング)」による、PV数から見る注目球団ランキングを紹介していく。※グラフありの元記事は下記同タイトルをクリックすることで見ることができます

なお本ランキングは、「goo ニュース」で提供しているプロ野球速報の各試合のページビュー数(以下、PV)を比較し、6月4日(火)より開催される「日本生命セ・パ交流戦 2019」にあわせて、シーズン開始から交流戦までの間に注目された球団をランキング形式にしたもの。また、その傾向から、セ・パ交流戦の最注目カードの予想も行われた。

球団別 PVランキング(調査期間:2019年 3月29日~5月19日)
■セントラル・リーグ




セ・リーグの球団別 PVランキングの首位は広島東洋カープとなった。昨シーズンまででリーグ3連覇中、今や人気と強さを兼ね備えたチームとなっているカープ。シーズン開幕直後の4月は球団史上初の5カード連続負け越しなど苦戦を強いられていたが、5 月に入ってから巻き返しており、現在は首位に立っている(6月7日時点)。「goo ニュース」でも 5月に入ってから PV を大きく伸ばし、昨
年に引き続きセ・リーグで最も注目された球団となった。

また前年からの伸び率でいうと、読売ジャイアンツが 1.9%で最も上昇。球団別 PV割合は、広島東洋カープと 0.2%差にまで迫っている。



■パシフィック・リーグ




パ・リーグの球団別PVランキングの首位は、東北楽天ゴールデンイーグルスとなった。昨年のリーグ順位は最下位に終わったが、今季は好調なスタートを切り、現在ソフトバンクと並んで同率首位(6月7日時点)。チームの勢いそのままに、「goo ニュース」でも PV が伸びていた。

前年からの伸び率は、福岡ソフトバンクホークスとオリックス・バファローズが 0.9%で最も大きくなっている。両球団の6月7日現在でのリーグ順位は、福岡ソフトバンクホークスは首位、オリックス・バファローズは最下位と対照的だが、いずれも注目度は高いようだ。

セ・パ交流戦の注目カード予想
昨年の交流戦では、昨年度のセ・パ両リーグそれぞれのPVランキング1位、広島東洋カープ対埼玉西武ライオンズの 5月30日に行われた試合が、「goo ニュース」で最も注目された。

このことから、goo+d ランキング編集部は、プロ野球交流戦では、セ・リーグ PVランキング1位の広島東洋カープと、パ・リーグ PV ランキング1位の東北楽天ゴールデンイーグルスが対戦する 6月14日(金)~6月16日(日)の試合が、今年の交流戦で最も注目されると予想。また、試合がシーソーゲームの場合は PV が大きく伸びる傾向があるので、接戦の試合になるとより注目度が増すと考えられている。

出典元:NTTレゾナント株式会社

構成/こじへい

@DIME

最終更新:6/15(土) 7:20
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2019年9月・10月合併号
7月16日発売

定価980円

夏の新製品辛口評価テスト
絶対に喜ばれる最強の手みやげ80選
ボディーメンテナンス11の処方箋

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事