ここから本文です

【セカンド女子】浮気を匂わせてこられても、認めなければ一緒にいられる。別れたい彼と別れたくない私の攻防戦

6/15(土) 14:00配信

Suits-woman.jp

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内のインターネット関連事業を行なう会社で派遣社員として働いている沢田遥香さん(仮名・35歳)。肩まである髪は少し明るく、真っ直ぐでクセはないものの、少し傷んでいるよう。服装はタイトなVネックのTシャツに、シフォン素材のストラップワンピースを合わせており、グラマーな胸元に目線がいってしまいます。しかし、バッグはカジュアルブランドのトート、足元は白のスニーカーと、色っぽい雰囲気とはややアンバランスさを感じました。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は埼玉県で、4歳上に姉のいる4人家族です。私は大学の時に家を出たんですが、それまではずっと母親と不仲でした。大きな発端があったわけじゃないんですが、小さい頃から優秀だった姉と比べられて育ち、姉がいい高校に入学してからは顕著で母は姉にベッタリで、私を無視状態。小学校の時はまだ私の勉強を見てくれたり、塾に入れられたりしたんですが、中学に入ったぐらいから私の成績にというか、私自身に興味がなくなった気がします。父親は単身赴任でその頃から家にいなくて。家にずっと居場所がないと思っていました。今ももう10年以上実家には帰っていません」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校生の時に、アルバイト先で仲の良かった同い年の男の子と付き合いました。彼は別の高校に通っていて、アルバイト先はファミレスだったんですが、少し駅から遠い場所にあり何度か一緒に帰って仲良くなった感じです。でも彼とは2か月ぐらいで別れました。彼がいきなりバイト先に来なくなって、そのままフェードアウトしたんです。たとえアルバイトだとしても責任感のない姿に一瞬で冷めましたね。その後一度だけ彼からメールが来たんですが、無視しました。『今まで連絡せずにごめん』みたいな内容だった気がしますが、私に謝る前にバイト先に謝れって思った記憶が残っています」

遥香さんは高校を卒業すると同時に都内の大学へ進学。大学は家から通える距離だったものの、バイト先で出会った同じ大学に通う女の先輩とルームシェアを始めます。

「実家から大学までは1時間ちょっとぐらいだったんですが、一人暮らしは反対されませんでした。家はそこそこ裕福だったこともあるんでしょうが、その時には1浪していた姉がまだ大学生で実家から通っていて、私は姉とさえ会話がなくなっていたから邪魔だったんじゃないかな。新居はアルバイト先で知り合った、2歳上の同じ大学に通う女の先輩とルームシェアをしました。彼女は自分のお金なら一人暮らしを始めていいと親から言われていたみたいで、お互いの利害が一致したんです。でも、このルームシェアは最初にザックリしたルールしか決めず、散々な結果になりましたけどね」

1/2ページ

最終更新:6/15(土) 14:00
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事