ここから本文です

【Bellator】RENAがSNSに心境を投稿「やっぱり私MMA向いてないわ」、総合格闘技から撤退か

6/15(土) 10:54配信

ゴング格闘技

2019年6月14日(金・現地時間/日本時間15日)米国ニューヨーク州マジソンスクエアガーデンにて開催された『Bellator 222』で、シュートボクシング女子世界フライ級王者RENA(シーザージム※海外では本名の「久保田玲奈」で出場)が米国デビュー戦を行った。

【写真】前日はリラックスした表情で笑顔を見せていたRENAだったが…

 初のケージマッチ。リンジー・ヴァンザント(アメリカ)に打撃でプレッシャーをかけていったRENAだが、テイクダウンを奪われて寝技に持ち込まれ、最後はリアネイキドチョーク(チョークスリーパー)で失神に追い込まれて敗れた。1R4分04秒だった。

 その後、RENAは自身のSNSに投稿。「すみません。また同じ負け方しました」と、2017年大晦日『RIZIN』での浅倉カンナ戦と酷似した負け方をしたことをファンに謝り、「やっぱり私MMA向いてないわ。悲しませてごめんなさい…」とMMAから撤退することを匂わせた。

 試合直後で気持ちが落ち込んでいるであろう状況での投稿のため、ネガティブな言葉になったことも考えられる。果たして、気持ちが落ち着いた状況でRENAが出す答えは、MMA撤退か、リベンジか。

最終更新:6/15(土) 10:55
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事