ここから本文です

【ONE】復帰戦の松嶋こよみがONE2連勝! テイクダウンの連続でドミネート

6/15(土) 22:59配信

ゴング格闘技

松嶋こよみ(パンクラスイズム横浜)は、待望のONE2戦目。2018年9月の前戦では、ダゲスタンのマラット・ガフロフを左右ローキックを効かせてからの右フックでTKO勝ち。前王者を下した松嶋だが右拳を骨折し手術も行っており、満を持して8カ月ぶりのサークルケージに向かう。あらためてフリースタイルレスリングに磨きをかけてきたという松嶋。

【写真】力強いテイクダウンを奪う松嶋

MMA10勝3敗の松嶋の相手は7勝1敗、テコンドーベースのクォン・ウォンイル(韓国)。ONEではアンソニー・アンゲレンとエリック・ケリーにKO勝ちし、今成正和にはヒールフックで一本負けしている。松嶋とは身長で6cm上回る。

オーソドックス構えで絶えず小刻みに前後にステップするウォンイルは、178センチの長身から繰り出すノーモーションの真っ直ぐの右ストレートでアンゲレン、ケリーからダウンを奪っている。松嶋はウォンイルの得意の距離に立たず、打撃・組みトータルでウォンイルを上回りたい。

判定3-0で松嶋がONE2連勝!

松嶋のセコンドには北岡悟。リングでのMMA。

1R、松嶋、ウォンイル、ともにオーソドックス構え。右ローからダブルレッグテイクダウンは松嶋。2度立つウォンイルに3度目でテイクダウンは松嶋! しかし、頭にヒジをもらう。スタンドでボディロックテイクダウンも立ち上がりが巧みなウォンイル。松嶋の入りに右を狙う。跳びヒザはウォンイル! しかし、ボディロックからテイクダウンは松嶋! サイドになるとウォンイルはブリッジから立つ。

テイクダウンからバックに回る松嶋だが、正対し立つウォンイル。スタンドで詰めて右から左フックはウォンイル! 松嶋はロープに詰まりそうになるが回り、ダブルレッグテイクダウン! ウォンイルはガードの中に入れる。完全にテイクダウン防御は捨て、ノーダメージで立つことに専念する。

2R、右ローから入る松嶋はダブルレッグテイクダウン。尻で立つウォンイルの左手を手繰り、寝かせようとするがウォンイルはコーナーを背に蹴り上げから立ちに。そこにヒザを狙う松嶋。立つウォンイルを中央に回してテイクダウンは松嶋。しかし正対してウォンイルはつかつかと歩いてプレッシャーをかけていく。そこにダブルレッグは松嶋。ニンジェチョークを狙うウォンイルだが、サイドに回る松嶋は首を抜く。

徐々に疲労が見えるウォンイル。松嶋は再三のテイクダウン。背中を着かせるとヒジ狙い。ウォンイルは下から抱き着く。

3R、ニータップから押し込む松嶋だが、コーナー背に立つウォンイルは頭に鉄槌。さらに松嶋は回してテイクダウンする。尻で立つウォンイルに再びダブルレッグテイクダウンもコーナーで立つウォンイル。尻下で組んでリフトしてテイクダウン。亀から立つウォンイルはロープに向かって歩いて立つ。ならばと松嶋はリング中央まで運んでテイクダウン。下のウォンイルはラバーガードから離して蹴り上げでスペースを作り尻まで立つ。背中を見せて立つウォンイルはロープ外に上体を立ててブレーク。

松嶋のテイクダウンにニンジェチョークを合わせにいくウォンイルだが、作らせない松嶋が上でゴング。

テイクダウン&コントロールは松嶋だが、決定打は出させなかったウォンイル。しかしウォンイルにも決定打はなく、ロープ間へのエスケープが目立った。判定は…3-0でドミネートした松嶋が支持された。

最終更新:6/15(土) 22:59
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ