ここから本文です

「だ~か~ら~、近藤サトは美人だから、あの頭でもOKなわけでしょ!?」

6/15(土) 8:00配信

週刊女性PRIME

 近藤サトさんのグレイヘア姿を初めて見たときは、本当にたまげた。

「この人、“こういう人”だったの!?」という驚き。

【写真】安彦麻理絵さんが描いた、近所のグレイヘアねえさん2人

「こういう人」というのは要するに「男ウケ狙いとか放棄して、自分の価値基準を大事にして生きてる女性」ということである。

その潔さに共感!

 なにしろ近藤さん、もともとは女子アナである。こう言っちゃ身もフタもないが、男ウケに心血注いでナンボな商売出身だ。グレイヘアの信念とは真逆をいく、女子アナという生きざま。

 だから私だけでなく、世間全般の女性たち、みなが、彼女のグレイヘアを目にしておったまげたのではないだろうか……そして。

「だ~か~ら~、近藤サトは美人だから、あの頭でもOKなわけでしょ!?」

 という、絶対誰しも思ったであろう、ため息まじりの感想(もちろん私もそう思った)。

 実は私も、月2回は染めないと、あっという間にゴマ塩頭になる中年女だ(近藤サトと同い年の50歳)。だから、「サト・グレイヘア」の衝撃を受けて、その潔さに共感し、「だったら私も!!」という衝動に駆られたのだが……。

 いかんせん、小2の娘が「イヤだ! シラガアタマのお母さんなんて絶対やだ!!」と、強硬に反対。

 それに加えて、夫が、私より6歳年下ときてる。

 もし、私が白髪頭の女と化したら、年下の夫との見た目のバランスが悪くなるのは容易に想像がつく。

 たぶん「夫婦」というよりも、「今日は親戚のおばさんと一緒ですか?」みたいに見られるだろう。「アネさん女房」ならぬ「ババア女房」……そして、追い討ちをかけるがごとく、グレイヘア願望に水を差す究極の、トドメのセリフ「だ~か~ら~、近藤サトは美人だから(以下略)」。

 グレイヘアは、世間に浸透してるようでいて、案外してない(と、思われる)のは、やっぱりすごーく、ハードルが高いのだ。「認知」は、されつつあるけど「浸透・実践」までには至ってないというか。

1/2ページ

最終更新:6/15(土) 8:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」7/30号

定価400円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ