ここから本文です

世界の航空機需要…今後も「リース」機の割合が増加する理由

6/15(土) 7:00配信

幻冬舎ゴールドオンライン

※本連載は、『無敵のグローバル資産 航空機投資完全ガイド』(幻冬舎MC)から一部を抜粋し、航空機市場の今後の需要傾向や航空機投資の具体的な戦略について解説します。今回は、ますます高まっている「世界の航空機需要」の実情について見ていきます。

「世界の航空機数」は依然として急速に増加している

成長が見込まれる旅客需要に呼応して、航空機需要も増加していくと予測されています。運航機数で約2倍、新造機は今後20年間で4万機以上が製造される見通しであり、その総額は665兆円と試算されています。その内訳としてはナローボディ機が機数割合で72%と圧倒的に多く、引き続きナローボディ機が主流であると見られています。

現在ほとんどの航空機が世代交代を迎えており、入れ替えの途上にあります。この世代交代は、主としてエンジン技術の進歩によって燃費が約10~15%程度向上した次世代航空機の登場によりもたらされています。

世界の航空機数は依然として急速に増加しており、OEMが確保している受注残は2016年の生産レベルで9年分の納入に相当し、その結果、いわゆる「ホワイトテイル」(顧客なしに製造される航空機。エアラインによる塗装が行われず機体が真っ白のままに完成するのでそのように呼ばれる)のリスクは非常に低くなっています。

これらの次世代航空機に対する需要が強まる一方で、中古ワイドボディ機の市場は弱くなりつつあり、一部の機種は価格下落の圧力を強く受ける見通しがあったり、逆に安価な燃油価格によって、現行機(主にナローボディ機)の寿命が延びている状況も見られたりと、需要の見通しが難しい状況になりつつあります。

中古市場も非常に厳しい「ワイドボディ機」の現状

(1)ナローボディ機市場の見通し

市場レポートの多くは、ナローボディ機の需要は新造機・中古機ともに安定し2017年以降もナローボディ機市場は依然強いと予想しています。廉価な燃油価格は、現行ナローボディ機に対してモデルチェンジの影響による中古価格の下落を軽減していますし、OEMの生産体制も引き続きしばらくは新旧両モデルを製造していくほど需要は高い状況が続いています。

もちろんモデルチェンジは継続して進行していくために現行機も将来的にはモデル末期となり価格は下がっていきますが、中古価格への折込みは適時行われるため、ある時点で価格が暴落するという状況はあまり想定されていません。

(2)ワイドボディ機市場の見通し

ナローボディ機と比較してワイドボディ機市場は弱く、さらに機種によって状況は大きく変わります。すべての機齢にわたりワイドボディ旅客機の非稼働率(飛ばずに駐機場に格納されている機体の割合)はナローボディ機より著しく高く、2016年の統計では機齢11~15年のナローボディ旅客機の駐機率はわずか2%でしたが、同じ機齢のワイドボディ機は12%になります。

個別の状況に触れると中古のボーイング777 -200ER(特にロールスロイス社製エンジン搭載機)や古いモデルのエアバスA330については、中古市場が非常に厳しい状況になっており、機種の選定はナローボディ機より慎重であるべきといえます。

現行ワイドボディ機市場が厳しい理由としては、(1)ワイドボディ機の流動性の低下、(2)B787やA350など次世代機の市場への浸透、および(3)現行ワイドボディ機におけるリース機割合が高いといったさまざまな要素が挙げられます。

加えて、経済性の高いナローボディ機を活用した戦略モデルやLCCなどの拡大が、ワイドボディ市場にさらに圧力を加えています。2011年の実績と比較して、2016年のナローボディ機の駐機率(駐機保管されている航空機数/運航中の機数)は11%~7%へ低下していますが、ワイドボディ機の駐機率は10%~12%へ若干増加している状況からもワイドボディ機の需要が弱含みであることがわかるかと思います。

1/2ページ

最終更新:6/25(火) 15:30
幻冬舎ゴールドオンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

富裕層・企業オーナー必読!「知識武装し、行動する」ためのWEBメディア。「資産防衛」に関する最新情報とノウハウを配信!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事