ここから本文です

ボブ・ディラン新ドキュメンタリー『ローリング・サンダー・レヴュー』関係者が語るその裏側

6/15(土) 17:18配信

Rolling Stone Japan

新録インタビューと秘蔵映像の数々で描かれる、ディラン史上屈指のツアーのひとつを振り返る傑作ドキュメンタリーの裏側に迫る。

記事中の動画を見る:ボブ・ディラン新ドキュメンタリー『ローリング・サンダー・レヴュー』関係者が語るその裏側

マーティン・スコセッシが監督を務めた新ドキュメンタリー『ローリング・サンダー・レヴュー:マーティン・スコセッシが描くボブ・ディラン伝説』(以下『ローリング・サンダー・レヴュー』)の序盤で、ボブ・ディランは1975~76年にかけて行われた困難続きだった伝説のツアーについてこう語っている。「ローリング・サンダーの何たるかを伝えたいのさ」彼はこう続ける。「見当もつかないがね、あれには何のコンセプトもないからさ。はっきりしてるのは、それが40年ほど前に確かに起きた出来事だってことだ。ローリング・サンダーについて、俺は何ひとつ覚えていない。大昔の話だし、俺はまだ生まれてもいなかった」

序盤に登場する「何ひとつ思い出せない」という彼の謎めいた発言は、本作『ローリング・サンダー・レヴュー』(6月12日より各劇場およびNetflixで公開中)が一般的なドキュメンタリーとは趣を異にすることを示している。「ボブ・ディラン伝説」というフレーズもまた然りだ。内容について詳しく述べるつもりはないが、本作は同じくスコセッシが監督を務めた2005年発表のドキュメンタリー『ボブ・ディラン ノー・ディレクション・ホーム』(以下『ノー・ディレクション・ホーム』)の単なる続編ではない。新たに収録されたインタビューと未公開映像を中心に、1966年に経験したバイク事故に至るまでの彼のキャリア変遷を描いた同作は、史実に極めて忠実な内容となっていた。新たに公開される本作では新録インタビューはもちろん、極めてマニアックなファンでさえ目にしたことがない秘蔵映像も登場するが、本作の主眼は同ツアーの経緯を正確に描くことではなく、優れた「ボブ・ディランの物語」を紡ぐことにあると言っていい。



ローリング・サンダー・レヴューは、これまでに行われたどのロックスターのツアーとも大きく異なる。1975年発表の傑作『血の轍』の発売から数ヶ月後に行われた同ツアーでディランが試みたのは、その前年に行われ巨額の金を生んだザ・バンドとのスタジアムツアーとは正反対のものだった。不安とノスタルジーに駆られていた彼は、古くからの友人たちやジョーン・バエズ、ロジャー・マッギン、アレン・ギンズバーグ、ランブリン・ジャック・エリオットといった仲間と共に、東海岸とカナダの劇場を巡るツアーに出た。チケット代は低く設定され、公演は開催のわずか数日前に発表された。

1/4ページ

最終更新:6/15(土) 17:18
Rolling Stone Japan

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Rolling Stone Japan vol.06

CCCミュージックラボ

vol.06
2019年3月25日発売

1000円(税抜)

特集:HYDE
ヒプノシスマイク
モーニング娘。’19 ライブの舞台裏
特集「今のポップシーン」の主役たち

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ