ここから本文です

浦和がエース興梠の劇的逆転弾で新体制初勝利!ホームでの連敗を3でストップ

6/15(土) 21:12配信

SOCCER DIGEST Web

アディショナルタイムにドラマ!興梠が会心の決勝点

 J1リーグ15節の浦和レッズ対サガン鳥栖が15日、埼玉スタジアム2002で行なわれ、2-1で浦和が勝利した。
 
 前節の川崎フロンターレ戦(1-1)から指揮を執る浦和の大槻毅監督と、就任後3勝1敗とチームを立て直した鳥栖の金明輝監督による新体制対決で、先制点を奪ったのは後者のほうだった。
 
 18分、左サイドでボールを持った三丸拡が中央へカットインし、後方の福田晃斗へパス。福田が再びドリブルで左サイドに切り込み、クロスを上げると、後ろから猛然と走り込んだアン・ヨンウが滑り込みながら左足で合わせた。
 
 対する浦和は31分、宇賀神友弥のファインゴールで追いつく。相手GKのフィードを撥ね返して速攻気味に右サイドに侵入した浦和は、岩武克弥がDFをひとりかわしてクロスを入れる。これを中央の興梠慎三がスルーしてファーサイドにボールを流すと、走り込んだ宇賀神がダイレクトで合わせ、見事にコントロールされたシュートを右サイドネットに突き刺した。
 1-1で迎えた後半は浦和がやや優勢に試合を進めたが、なかなかゴールは奪えない。すると、手堅い守備で耐え続けた鳥栖も盛り返し、中盤での激しい鍔迫り合いが続いた。この膠着状態を打開しようと、鳥栖は67分にフェルナンド・トーレス、80分に安在和樹を投入。浦和も70分に森脇良太を入れてバランスを整え、80分にはマルティノスを起用して1点を狙いに行った。
 
 そうして迎えた90+3分、途中出場のマルティノスが左サイドを突破してクロスを供給。相手DFに当たってコースが変わったボールに興梠が反応し、抑えの利いた右足シュートでゴールを射抜いた。まさに劇的な一発。浦和がエースの逆転弾でホーム4試合ぶりの勝点3を手に入れた。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

最終更新:6/15(土) 21:12
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事