ここから本文です

「ああいう選手は日本だと稀」 岡崎慎司、18歳MF久保建英の「特別な才能」を絶賛

6/15(土) 8:20配信

Football ZONE web

“久保フィーバー”に冷静も…日本サッカー界における久保の希少性を岡崎が強調

 日本代表MF久保建英(FC東京→レアル・マドリード)が9日の国際親善試合エルサルバドル戦(2-0)で歴代2番目の若さとなる18歳5日でA代表デビューを飾った。若きアタッカーの台頭に注目が集まるなか、FW岡崎慎司(レスター・シティ)は“久保フィーバー”を冷静に眺めつつ、「ああいう選手は日本だと稀」「特別な才能」と絶賛している。

【動画】「レアルへようこそ」と名門クラブが歓迎! レアル下部組織公式ツイッターが公開…MF久保建英の“超絶プレー集”

 5日のエルサルバドル戦で0-0と引き分けた日本は、9日のエルサルバドル戦でスタメン6人を入れ替えながら3-4-2-1を再び採用。約4年ぶりに招集されたFW永井謙佑(FC東京)が1トップ起用に応えて2ゴールと躍動した。後半途中から4-2-3-1へシフトしたなか、同22分にMF南野拓実(ザルツブルク)に代えて久保がトップ下で投入。相手2人を抜き去る華麗なドリブルから強烈なシュートを放つなど何度も会場を沸かせ、鮮烈な代表デビューを飾った。

 2試合ともベンチ外となり、GK川島永嗣(ストラスブール)らとともにピッチ外から戦況を見守った岡崎は、熱を帯びる“久保フィーバー”を感じながらも、18歳の台頭は海外基準で決して珍しくないと主張。「(海外では)彼のような選手がどんどん出てきてもおかしくない」と語りながらも、日本サッカー界において久保の存在がいかに貴重か強調している。

「逆に言ったら、ああいう選手が出てくるのは日本だと稀。それぐらい特別な才能を持っていると思う」

「世界に届くぐらいのプレーヤーであることは間違いない」 そしてレアル移籍が決定

 現在33歳の岡崎はベテランの域に達しており、日本代表ゴール数で歴代3位の50ゴール(116試合)を誇り、数々の強豪国と対戦した経験を持つ。またドイツのシュツットガルトやマインツ、イングランドのレスターでプレーし、世界中から集まる若手が台頭する様子も肌で感じ取ってきた。

 急成長を遂げる久保のポテンシャルは疑いようがない。岡崎も「世界に届くぐらいのプレーヤーであることは間違いない。こんなに注目されるのはみんなが認めていると思う」と高く評価している。

 岡崎が久保についてコメントを発してからわずか数時間後の14日、久保はFC東京からスペインの名門レアル・マドリードへ移籍が決定。レアル公式ツイッター日本語版は「久保建英選手がレアル・マドリードに加入! 来シーズンはレアル・マドリード・カスティージャでプレーすることになります。ようこそ!」と発表した。

 まずはレアルBチームであるカスティージャからスタートを切る久保。来季、そのチームを率いるのは元スペイン代表FWでクラブのレジェンドFWラウール・ゴンサレス氏だ。岡崎も「世界に届くぐらいのプレーヤー」と称賛する18歳アタッカーは、世界的名門クラブでどのような飛躍を遂げるのだろうか。

Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki

最終更新:6/15(土) 8:39
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事