ここから本文です

アマゾンに「有名芸能人」のお面がズラリ… 事務所の許可なし、法的な問題は

6/15(土) 6:02配信

デイリー新潮

 検索窓に「芸能人 お面」と入力してみれば、古今東西・老若男女の著名人のお面がズラリ……。これは、おなじみAmazon.co.jpでの光景である。なかには日本人タレントのお面もあるが、なぜか製造元は英国企業。何に使うの? 法的に問題ないの? 調べてみた。

 ***

 膨大なラインナップから、そのいくつかを取り上げると、吉岡里帆や白石麻衣、山﨑賢人といった時の人気者から、郷ひろみ、とんねるず・木梨憲武、叶姉妹らシブいチョイスまで。年齢も所属事務所もさまざまで、なかにはあの小室圭さんのお面なんてものまであった。関係各所の許可を取っていないことは容易に想像できるが、一応、所属タレントをお面にされてしまった某プロダクションに聞くと、

「ご指摘を受けるまで、まったく把握していませんでした……。もちろん、うちが許可を出して売られているものではありません」(広報)

 と驚きを隠さない。

 662円するお面のほかに、数千円する“等身大サイズ”のパネルもある。こうした一連の商品は、主に「Celebrity Cutouts」なる企業が手掛けているようで、販売元は「celebrity-cutoutsjp」。昨秋ごろから、日本のタレントのお面を売り始めたようである。

 商品説明によれば、

〈私たちCelebrity Cutouts社は驚く程の数のセレブ達のリアルマスクを取り揃えています。〉〈トップクオリティのセレブ達のリアルマスクは全てイギリスで製造されており、最高品質の素材と印刷方法を用いています。だからこそ本物同様に見えるのです。〉

 だそうで、さらに、

〈模造品にはどうぞご注意ください。当社のリアルマスクはすべて裏面にCelebrity Cutouts証明ホログラムがあります。ホログラムがない場合は、Celebrity Cutouts製品ではありません。〉

 なんて“パチモノ注意”をも呼びかけているのだ。盗人猛々しいというか、なんというか……。

1/2ページ

最終更新:6/17(月) 15:32
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事