ここから本文です

今夜は最強のアテで一杯いかが?たまらない大人酒場が恵比寿に誕生!

6/15(土) 5:20配信

東京カレンダー

日本酒好きなら、訪れておきたい新店『酒 秀治郎』。

絶品のアテと厳選した日本酒を堪能できると、早くも話題になっている。

同店の楽しみ方からちょっと変わった予約方法まで、魅力を全てお伝えしよう!

日本酒好きのための名酒場が恵比寿に誕生!

恵比寿なのに落ち着いた路地に、話題の新店がオープンした。

この店を開いたのは、さすらいの日本酒伝道師として様々な場所で日本酒イベントを開催していた直野秀治郎氏。日本酒好きが高じて、とうとう自身がプロデュースする酒場がオープンした。

その名も『酒 秀治郎』。今、最も日本酒好きから熱視線が注がれている注目の新店の魅力をお伝えしよう。

気になる『酒 秀治郎』の楽しみ方とは?

席につき、最初に運ばれてくるのは「付き出し」。ひと口サイズのおにぎりと、しじみスープ、しじみの佃煮、漬け物が『酒 秀治郎』定番の品である。

これはここから始まる日本酒三昧に備えて、ご飯やしじみスープで胃を保護すると意味があり、直野氏の「日本酒をたくさん飲んで欲しい」という想いが表れた一品と言える。

そこに合わせるのは「風の森 ALPHA TYPE1」。微発泡で、アルコール度数も低め、最初の一杯としてはもちろん、日本酒ビギナーにはうってつけの一杯である。

好みの日本酒にきっと出会える!

続いて登場するのは「季節の八寸」。内容は季節によって変化していくが、必ず供する一品が「鞍掛豆のひたし豆」。味わい深く、甘みももつ鞍掛豆は、日本酒との相性が抜群。

品数も多いため、ここで合わせる日本酒は2~3種類ほど。スタッフがお客に味の好みや、どんな日本酒が好きかなどを伺いながら、最適のものを選び抜いてくれる。もちろん、分からない場合はスタッフに全てお任せして選んでもらうことも可能だ。

ちなみにこの日は「澤屋まつもと 守破離 五百万石」、「山廃 花巴 純米にごり」などをセレクトいただいた。

続いてご用意いただいたのは「筍のコロッケ」。旬によって内容は変わるが、コロッケも定番メニューのひとつだ。

衣のサクッとした食感の後を、ゴロッと入った筍やジャガイモの食感が追いかけ、後から上からかかる山椒の香りが抜けていく。

ひと口目は、そのまま味わい、その後、脇に添えられたイカの塩辛と一緒に味わってみて欲しい。

こちらにはクラッシックな日本酒らしい味わいが楽しめる「奥能登の白菊 本醸造原酒」をセレクト。限定酒を気軽に楽しめるのも嬉しいポイントだ。

1/2ページ

最終更新:6/15(土) 5:20
東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ