ここから本文です

今夜は最強のアテで一杯いかが?たまらない大人酒場が恵比寿に誕生!

6/15(土) 5:20配信

東京カレンダー

続いては「じゅんさいの茶碗蒸し」。じゅんさいの餡の上に花穂紫蘇などがあしらわれた初夏らしい一品である。

こちらには「貴 特別純米」を合わせて味わってみると、その相性の良さに驚かされる。

茶碗蒸しの出汁の旨みと、「貴 特別純米」の優しい味わいの中にも、しっかりと純米酒ならではの力強さが、最高にマッチするのだ。

続いては「鮎のコンフィ」。89度のオイルで6時間かけて、じっくりと火入れした鮎を、提供直前にオーブンで焼き上げて供する一皿である。

しっとりとした身を頬張れば、初夏の香りとも言える鮎ならではの旨みが口いっぱいに広がっていく。

こちらに合わせたのは「beau Michelle(ミッシェル)」。発酵中、モロミに音楽を聴かせることで、まろやかな味わいに仕上げたという日本酒であり、優しい口当たりと程よい甘みと酸味から、女性にもファンの多い日本酒のひとつだ。

食事をバシッと締めくくる「冷やし蕎麦」も絶品

〆には冷やし蕎麦を出すのが定番。この時期は「すだち蕎麦」が登場する。

ひんやりと冷たい蕎麦は、お酒をたっぷりと楽しんだ後の〆にふさわしく、しっかりとした味わいの出汁の塩味は、バシッと食事を締めくくってくれるだろう。

日本酒ビギナーにこそ訪れて欲しい

「日本酒好きの、日本酒好きによる、日本酒好きのための店」と謳うだけあって、提供されるお酒は全て日本酒である。

そう聞くと、日本酒に詳しくないと行きにくい…と思う人もいるかもしれないが、実際訪れるお客のほとんどが日本酒ビギナー。

日本酒に興味があるという人ならば、誰でも受け入れてくれ、様々な日本酒を試すことができるのが『酒 秀治郎』という場所なのだ。

日本酒を心ゆくまで楽しめる料金システムに感動

今回紹介した料理は供される内容の一部であり、実際は10品ほどが用意されるという。

また、料理約10品+日本酒代込みで1人8,000円(税込)という料金システムもビギナーには嬉しい限り。色々試して見たいけれど、料金が気になって遠慮がちになるという心配なく、心ゆくまで日本酒を楽しむ事ができるのだ。

それも直野氏の「日本酒をたくさん飲んで、その魅力を知って欲しい」という想いがあってこそ。供されたお酒は、ぜひじっくりと味わい、自分好みの日本酒を探ってみて欲しい。

現在、電話番号は非公開となっている『酒 秀治郎』。予約方法もチェックしておこう。

『酒 秀治郎』のFacebookページ(https://www.facebook.com/sakehidejiro/)にアクセスし、メッセージで予約希望日時、人数、名前、カナ、携帯番号を送れば、予約ができるシステムになっている。

注目の新店『酒 秀治郎』は今がイキドキ、間違いなしである!

東京カレンダー株式会社

2/2ページ

最終更新:6/15(土) 5:20
東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事