ここから本文です

ソフトバンク・今宮健太選手の課題【立浪和義の超野球論】

6/16(日) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

気になる大振り

攻守走に高い能力を持つ今宮だが、やや大振りになる傾向も

 このコラムは編集者から事前にいくつかのテーマをリクエストしてもらい、その中から順番に書いています。

 今回は、ソフトバンクの遊撃手・今宮健太選手です。6月5日現在で打率.291、9本塁打と、いずれも自己最高ペースですが、今は少し調子を落としています。

 リクエストが来たときは、三番に入り、ヒット、ホームランを打ちまくっていた時期で、そのときは「好調の秘密についてお願いします」と言われましたが、私は「まだ本物ではないと思います」と答えていました。

 今宮選手は、攻守走で素晴らしい野球センスを持った選手です。ショートとしての守備範囲の広さ、瞬時の動き、肩の強さは12球団屈指ですし、バッティングも小柄ながらパンチ力があり、ピッチャーにとっては怖いバッターだと思います。

 ただ、ずっと気になっているのは、大振りになりやすいところです。バットを振るのは悪いことではありませんが、彼を見ていると、少し・・・ 本文:1,102文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:6/16(日) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る