ここから本文です

アイドル大好き芸人・クロちゃんが語る「今年のTIFはメガメガミと大阪☆春夏秋冬で決まり」

6/16(日) 17:40配信

エンタメNEXT

8月2日から3日間、お台場で開催されるアイドル真夏の祭典「TOKYO IDOL FESTIVAL 2019」。今年は10周年ということもあり、例年以上に注目が集まっている。今回はアイドルコラム連載を持つほどアイドルを愛しぬく芸人・安田大サーカスクロちゃんが、TIFで一番注目しているアイドルをご紹介します。

現状、TIFの出演者はまだすべて発表されたわけではないんですよね。僕がぜひ出てほしいなと思っているのが、メガメガミ。去年結成されたばかりの5人組グループで、とにかく顔面偏差値がめちゃくちゃ高いんですよ。ヘドバンするような激しいロック系の曲もあるから、すごくフェス向きじゃないかな。

中でも注目メンバーは、メガブルー担当の笹倉琉美菜ちゃん。かなりの変わり者なんですよ。少し前、横浜の馬車道と間違えて足利市の飲食店馬車道に行きイベントを欠席するということが話題になった子です。TIFの会場・青海周辺も電車だと間違いやすいエリアですからね。琉美菜ちゃんが登場しただけで、『走れメロス』状態でスタンディングオベーションが起きるかもしれません。

メガメガミとは別の意味で、TIFで観たいのが大阪☆春夏秋冬。最近、しゅかしゅんとは餃子フェスというイベントで一緒になったんですよ。それで久しぶりにライブを観たら、ちょっと変わった印象があったんですよね。正直、「あれ?」と思いました。

フェスでのしゅかしゅんと言ったら、最初から最後まで徹底して攻撃的なイメージがあるじゃないですか。パワー全開で一気に押し切るような感じで。ところが餃子フェスで観たときは、「ん? 力を抜いている? 流しているのかな?」って感じたんです。

でも、それは違ったんですよ。よくよくステージを観ていると、明らかに「聴かせる方向」にシフトしているのが分かった。「みんなで騒げたらOK!」という段階から、表現者として一段上のところに到達していたんですよね。純粋に歌やダンスで客を魅了していたし、伝えようという気持ちもヒシヒシと伝わってきた。以前と比べて深みのあるグループになったなと。この変化は進化であり、深化だと感じました。

終演後、彼女たちに「だいぶ雰囲気が変わったね。魅せる方向にシフトチェンジした?」って聞いたんですよ。そうしたら「クロちゃん、さすがですね」って言われて、僕も若干うれしくなりましたけど(笑)。でも実際、彼女たちは意図的に変えたらしいですよ。方向転換することで今までのファンからは反発もあるかもだけど、それでも成長していこうという姿勢が素晴らしいと思いましたね。

野外ステージもあるTIFではメガメガミのように盛り上がる系のグループはマッチするでしょうし、あるいは逆に今のしゅかしゅんのように魅了する系のグループがどう戦うのかも注目ポイント。僕も全力で楽しみたいしん!

▽クロちゃん
お笑いトリオ安田大サーカスの一員。1976年12月10日生まれ。 広島県出身。『月刊ENTAME』本誌でもアイドルについて語るコラムを連載中なほど、アイドルが大好き。忙しい合間をぬってライブへと足を運ぶ。ドッキリ、炎上などのイメージが強いが、アイドルへの思いはピュア。
Twitter:@kurochan96wawa

月刊エンタメ編集部

最終更新:6/16(日) 17:40
エンタメNEXT

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事