ここから本文です

〈D&DEPARTMENT TOKYO〉にオープンした〈dたべる研究所〉とは?

6/16(日) 18:55配信

Casa BRUTUS.com

ロングライフデザインを考える〈D&DEPARTMENT TOKYO〉が食をテーマにした “研究所” をスタートしました。

〈D&DEPARTMENT TOKYO〉1階にあったダイニングが、6月6日に〈dたべる研究所〉としてリニューアルオープンした。

研究所という名がついているが、しっかり食事ができる。47都道府県の食文化の中から、毎月ひとつのテーマに沿って料理が用意され、それらを食べながら各地の食文化について考える場所になっている。

6月の研究テーマは「味噌」。愛知の味噌かつ、大阪の土手やき、宮崎のぬたいもなど、各地の味噌郷土料理が並び、ランチタイムはビュッフェ形式になるので、地方によって異なる味噌文化を少しずつたくさん試せるのも嬉しい。

今後は、生産者、料理人、参加者が一緒に料理をつくる料理教室や勉強会も開催予定。その他にも、皮に傷がつき、一般流通に乗せにくい果物を “価値のある在庫” として買い取り、スイーツやドリンクにするなど、様々な角度から食のロングライフデザインを考えていく。D&DEPARTMENTならではの、おいしい研究所の誕生だ。

text_Housekeeper

最終更新:6/16(日) 18:55
Casa BRUTUS.com

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい