ここから本文です

家族ならミニバンを選んどきゃ……は間違い! ミニバンを選んで後悔するパターン5つ

6/16(日) 7:05配信

WEB CARTOP

便利機能を持て余してしまうことも

 いくらSUVがトレンドとはいえ、やっぱりまだまだ、子育てファミリーカーの花形はミニバンですよね。とくに日本人は「いざという時たくさん乗れる、たくさん積める」といった“最大公約数”を選ぶ傾向があると言いますから、ミニバンが持つその安心感を一度味わってしまうと、なかなか抜け出せないのも事実です。

つけないとカーライフの質が落ちる!ミニバンに必須の装備トップ8

 ただ、ミニバンを買ったもののあんまり活用できていない、むしろもて余してしまう……というファミリーも、なかにはいるんです。楽しく便利に乗るはずだったのに、後悔するなんて悲しすぎますよね。今回は、それがどんなファミリーに当てはまるのか、例を挙げてご紹介したいと思います。

1)スライドドア

 まず1つめは、ミニバンを買う理由の半分くらいはコレでしょうと言える、スライドドア。その便利さを享受できないファミリーの場合、後悔することが多いようです。小学校低学年くらいまでの子供がいると、自分でヒンジドアを開け閉めして安全に乗り降りすることが難しいので、保護者が抱っこしたり、手をつないで乗り降りさせるにはスライドドアがとても便利。

 ドアは自動で開くし、高さも横幅も大きく取れるし、ステップがあるから体を折り曲げる必要もないし、風が強い日に手で押さえなくていいなど、周囲に気を使わないのもいいところです。また、機械式の駐車場や壁際の駐車枠など、ドアを広く開けるスペースが取れない場所でも助かりますよね。

 でも、子供はもう保護者が手伝わなくても安全に乗り降りできる年齢だし、家の駐車場もとくに狭くないし、というファミリーの場合は、日常であまり恩恵がないわけです。そうなると、「べつにスライドドアじゃなくてよかったんじゃ?」と疑問に思うのも無理ないですよね。電動スライドドアは、完全に閉まるまでにどんなに早くても5秒以上は待つことになりますから、ヒンジドアみたいにパッパッと開け閉めできたほうが良かった、と思うこともあるようです。

1/3ページ

最終更新:6/16(日) 20:54
WEB CARTOP

記事提供社からのご案内(外部サイト)

クルマの「知りたい」を完全網羅
新車試乗・最新技術・お役立ち情報 etc……
すべてがわかる自動車メディアの決定版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ