ここから本文です

砂漠の摩天楼・ドバイを赤外線撮影したら、都市を“真っ赤”に染める「植物のエネルギー」が浮かび上がった

6/16(日) 8:14配信

WIRED.jp

ドバイの砂漠の風景は、決して植物にとって恵まれた環境ではない。アラビア半島にあるこの地は砂に覆われ、土壌はやせている。風はとても強く、ひどい暑さだ。年間降水量は3インチ(76mm)しかない。

【写真ギャラリー】赤外線撮影したドバイをもっとみる

だからといって、ドバイの人々は、「緑の楽園」をつくるという努力を諦めたわけではない。この地の庭師たちは、ペンニセツムやナツメヤシ、ガートを公園やゴルフコースなどに30年にわたってうまく取り入れ、根付かせてきた。高速道路の高架下に広がる空き地やクローバーが茂っていただけの場所に下水を引き込み、そこを美しい緑のカーペットへと生まれ変わらせたのである。

ドバイの緑地面積は、1999年には4,300エーカー(17平方キロメートル)しかなかったが、2014年には約17,000エーカー(69平方キロメートル)にまで広がった。ドバイは同年、緑地を25年までに30,000エーカー(121平方キロメートル)に拡大する計画を発表している。

この計画は、自然を“征服”し、コントロールしようとするドバイの努力を表す究極のシンボルと言えるだろう。こうした努力は、外骨格を強化した163階建ての超高層タワーや、42億立方フィート(約1.2億立方メートル)の砂で埋め立てて建設した人工島「パーム・ジュメイラ」など、メディアの見出しを幾度となく飾った数々のプロジェクトによって証明されている。

「ドバイでは、生命は人間がつくったものにのみ存在します。自然に存在するものはありません。建物であれヤシの木であれ、一つひとつがすベて人間によって構想され、構築され、進化させられています」と、写真家のパオロ・ペティジアーニは語る。

赤外線を通して浮かび上がる植物のエネルギー

うだるような暑さのなか、ペティジアーニはこれらの写真を18年8月に3日間かけて撮影した。撮影に用いたニコンのデジタル一眼レフカメラ「D750」は、フルカラーで光の波長を記録できるように改良が加えられている。植物の葉緑素が強く反射する目に見えない赤外線を捉えるためで、彼はニューヨークやベルリン、ヴェニスでも同じテクニックを使ってきた。

彼はカメラの24-120mmレンズに、590ナノメートル以下の波長をブロックするフィルターを取り付けている。赤やオレンジのわずかな可視光とともに、赤外線も取り込んでいるのだ。それから「Photoshop」で色彩やコントラスト、ホワイトバランスを調整し、いま見ているような画像を完成させた。

彼の写真が見せる緑の量は印象に残る。植物にとって理想的とは言えないドバイの環境を考えると、なおさらだろう。しかし、そびえ立つ巨大なコンクリートとガラスと金属でできた構造物と比べるとどうか──。ドバイは確かにオアシスになったが、樹木よりも摩天楼のほうが育ちやすいようだ。

LAURA MALLONEE

最終更新:6/16(日) 8:14
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ