ここから本文です

糖分が少ない13のおやつとそのレシピ

6/16(日) 12:11配信

エスクァイア

 賢く間食をすれば、筋肉の成長を促しながら体重も減らし、運動前後のエネルギーも維持することが大いに期待できるのです。もちろん、賢い間食に必要なのは自動販売機にあるおやつでも、ポテトチップスやクッキーにドーナッツ、クラッカー、プレッツェル、アイスクリーム、加工食品でもありません。

《 ギャラリー 》砂糖の摂りすぎで起こりうる悪影響

 エネルギー源に、砂糖は必要ないのです。頭と体を働かせ、脂肪の燃焼を妨げないための間食メニューをここでご紹介しましょう。

1. ツナ缶

ツナ缶半分で、タンパク質を約22グラム摂取できます。砂糖を摂らずにすむだけでなく、お腹に溜まって筋肉もつくので一石二鳥です。パウチに入っているタイプなら、ジムバッグに入れて、ワークアウト後に手軽に食べることもできます。

2. ゆで卵 3つ

たった約232カロリーで砂糖ゼロ、そして19グラムのタンパク質を摂取できます。黄身に含まれる脂肪分も、健康に良い脂質なのでご心配なく。お腹にも溜まるおやつになりますよ。

3. ピザマフィン

炭水化物は控えたいけれど、ピザが大好きなあなたに、あっという間につくれるミニパイをご紹介します。これなら夜食にもオススメです。このレシピで半分サイズのマフィンが4つつくれますが、これなら残っても後で温め直せば美味しく食べられます。

まず、オーブンを220℃に予熱。ジェノベーゼソース大さじ2を半分に切ったイングリッシュマフィン4つの上に塗ります。次にゴートチーズ大さじ4、刻んだグリーンオリーブまたはカラマタオリーブ大さじ2、4分の1サイズの水煮アーティチョーク4つを、マフィンに均等に乗せます。さらにマフィンをベーキングシートに乗せ、チーズが溶けるまでオーブンで加熱します。

4. ポーク・ラインズ

ポーク・ラインズとは、豚の皮を油で揚げたものです。揚げ物なので体に悪いと思われるかもしれませんが炭水化物は一切入っておらず、一人前の30グラムに含まれるタンパク質は17グラム、脂質はたった9グラムです。これは、炭水化物たっぷりのポテトチップスよりも少ない脂質で、タンパク質は9倍です。そしてもちろん、砂糖がゼロなのも嬉しいですね。

1/2ページ

最終更新:6/16(日) 12:11
エスクァイア

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エスクァイア

ハースト婦人画報社

1933年にアメリカで誕生した
ハイエンド・ファッション雑誌です
ファッションやライフスタイルにとどまらず
アート、カルチャー情報などを届けます

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事