ここから本文です

A.ランゲ & ゾーネとジャガー・ルクルト──2018年によく売れた&いますぐ買える、 あのブランドの人気モデル10本!【第2回】

6/16(日) 9:10配信

GQ JAPAN

1月のジュネーブサロン、3月のバーゼルワールドという2大時計展示会を終えて、2019年の新作モデルに注目が集まる季節になった。でもちょっと待って。じっさいにニューモデルが日本の販売店の店頭に並ぶのはもう少し先の話、夏以降になる。「夏まで待てない!」「いま時計がほしい!」というアナタのために、いますぐ買える人気ブランドのベスト・バイ10本を選んだ。第2回はA.ランゲ & ゾーネとジャガー・ルクルト。

【いますぐ買える人気モデルを読む!】

A.LANGE & SOHNE サクソニア・アウトサイズデイト

「A.ランゲ & ゾーネのアイコニックな機能といえば、アウトサイズデイトである。大型表示は、日付が小さすぎて見えないと叫ぶ諸兄の不満をいくばくか解消するかもしれないが、それはともかく、フェイスにスポーティな印象を加味する脇役として、なかなか優秀ではなかろうか。論より証拠、質実剛健を絵に描いたような『サクソニア』ファミリーの顔立ちが、アウトサイズデイトのおかげで愛想のよい表情に変わるのだ。最高峰の技術を凝らしたメカを隠し持ちながら、ブラック&ゴールドの面持ちは遊びなれたダンディのよう。真面目な口調で語られることの多いブランドにも粋な時計があったとは。ハズしの洒落を利かせて、思い切りカジュアルに着けたら最高だろう」(菅原茂)

2018年の登場以来、幅広い層から支持を集めるサクソニアのキーモデル。ブラック同色にコーディネートされたアウトサイズデイト(=ビッグデイト表示)が、端正な表情を引き締める。18KPGケース×アリゲーターストラップ、自動巻き、38.5mm径。2,840,000円〈A.LANGE & SOHNE/A.ランゲ & ゾーネ TEL 03-4461-8080〉

JAEGER-LECOULTRE マスター・ウルトラスリム・ムーン

ジャガー・ルクルトの本気を感じるプチコンプリケーション

「ジャガー・ルクルトの『マスター』シリーズといえば、同社を代表するコレクションのひとつ。端正なデザインと、優れたムーブメントの組み合わせは、ビジネスウォッチにうってつけだ。今年、同社はそのマスターシリーズに、プチコンプリケーションを追加。質の高いエナメル文字盤が目をひくが、それ以上に重要なのは、ムーブメントの進化だ。脱進機をシリコンに変更しa、パワーリザーブを倍近く延ばすことで、マスターシリーズは、今まで以上の実用性を得たのである。正直、スポーツシーンに向くとは思えないが、実際使えるだけのパフォーマンスを持っている。いわば、『能ある鷹は爪隠す』系のビジネスウォッチ」(広田雅将)

使い勝手に優れたムーンフェイズ同軸配置のポインターデイトを、ミドルサイズのケースに収めた薄型自動巻き。シックなグレーダイアルは、18KWGケースのみの展開。18KWGケース×アリゲーターストラップ、自動巻き、39mm径。2,175,000円〈JAEGER-LECOULTRE/ジャガー・ルクルト TEL 0120-79-1833〉

写真・星 武志(estrellas) スタイリング・石川英治(T.R.S)

最終更新:6/16(日) 9:10
GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2019年10月号
2019年8月24日発売

800円(税込)

平手友梨奈が着こなす最新テーラード/”いま何を着るべきか”2019年秋冬ファッション特集/香取慎吾のアートが爆発「ヤンチェ_オンテンバール」

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事