ここから本文です

健康的に楽しく仕事をするための7の法則

6/16(日) 21:00配信

ウィメンズヘルス

自分だけのドリームオフィスのデザインを手掛けたライフスタイルブロガーのメグ・ビラムがシェアしてくれたのは、あなたのワークスペースを思い通りに改造するためのヒント。アメリカ版ウィメンズヘルスからその内容をご紹介。

【動画】オフィスでの休憩時間でもOK!「猫背解消」エクササイズ

家で仕事を始めて3年が経った頃。1人で座りっぱなしの日々を過ごす私は、人と関わりたいと思うようになった。毎朝出勤する場所があり、髪を洗って素敵な洋服を着る理由が欲しくなった。家で仕事をすれば、着る服なんて何だっていい。レギンスに、ラフでカジュアルな服ばかり。それに、職場までの距離は、20歩ほど。

座りっぱなしの生活に、不安は増す一方。1日中座って過ごすことが、どれほど健康に悪影響なのか、記事を読み尽くして学んだ私は、ついにスタンディングデスクを試すことを決意。スタンディングデスクに切り替えていた夫や友人も、仕事に向かう時のエネルギーが違うと絶賛していた。30代になった私は、よりエネルギッシュになって、人と関わり合うオフィスで働きたいと願うようになった。

あれこれ考えた末、ほかの女性起業家たちと一緒に働くコレクティブオフィスのコンセプトが整った。ヘルシーなライフスタイルを築けるように、お洒落でモダンな空間のイメージを作りあげた。ライフスタイルブロガーである私にとって、綺麗な空間で働くことは、自身の健康や関わりを持つ人々と同じくらいに重要な要素。この条件を崩さずに、私は理想のオフィスを完成させた。環境が変わるだけで、今まで以上に健康的になり、より効率的でクリエイティブに仕事ができるようになり、この上なく日々幸せを感じている。

完璧なオフィスを作るシンプルなコツは下記の7つ。

創造力を使う

スタンディングデスクを探していたけれど、私の要求を満たすものは見つからなかった。どうしたかと言うと、「デスク」とは別のカテゴリーから、自分の理想とマッチした、白いバーテーブルを購入。自分の作業スペースをデザインするときは、型にはまらず、クリエイティブな発想を生かすべき。

1/2ページ

最終更新:6/16(日) 21:00
ウィメンズヘルス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事