ここから本文です

モノトーンカラーでモードに決める、メーガン妃のおしゃれテクニック

6/16(日) 21:21配信

ハーパーズ バザー・オンライン

5月にアーチー君を出産し、ママとなったメーガン妃はますます注目の的に。サセックス公爵家の今後の動向も気になるところだが、彼女のファッションセンスにも熱い視線が集まっている。カラフルなカラーコーディネートを好むキャサリン妃とは対照的に、モノトーンでシックなスタイルを披露するメーガン妃のおしゃれ術を、アーカイブスナップで学んでみよう!

【写真】ファッションで最も影響力ある一人、メーガン妃のお気に入りブランド10

2019年6月 トゥルーピング・ザ・カラー

アーチー君を出産して以来、公の場に初めて姿を現したメーガン妃。バッキンガム宮殿で行われた毎年恒例のトゥルーピング・ザ・カラーでは、ネイビーカラーのジバンシィ(Givenchy)のドレスを着用。手元には同ブランドのクラッチバッグを。

デザイナーのクレア・ワイト・ケラーとメーガン妃は、ロイヤルウエディング以来、親密かつパーソナルな関係を築いているようだ。

2018年10月 ロイヤルツアー

ボディラインの曲線が美しいセイア(Theia)の真っ白なドレスには、あえて色物は加えず、シューズやバッグは黒でまとめて、とびきりシックに仕上げて。

2019年9月 ロンドン訪問

ロンドンで開催されたチャリティイベント「ウェルチャイルド・アワード」に出席。普段から積極的にパンツスタイルを取り入れているメーガン妃は、アルチュザラ(Altuzarra)のパンツスーツ姿で登場した。でもヘンリー王子は、王室メンバーとしてふさわしいスカートルックを推しているみたい。

2018年7月 アイルランド首相訪問

ボディコンシャスなローラン ムレ(Roland Mouret)のビスポークドレスで、マイケル・D・ビギンス大統領を訪問。ボートネックで首元を露出し、ヘアはアップにまとめてフェミニンなお仕事スタイルに。バッグはフェンディ(Fendi)の“ピーカーブーエッセンシャル”。

最終更新:6/16(日) 21:21
ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2019年7月号
2019年5月20日発売

特別定価:700円(税込)

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事