ここから本文です

あおり運転の原因は自分だった? 周囲をイラッとさせないポイント5つ

6/16(日) 18:40配信

Auto Messe Web

意味不明なブレーキング

 そして最後に、ブレーキの使い方。基本的には、ドライバーは危険を回避するためや停止するためにはどこでブレーキを踏もうが自由なはずだが、後続車がいる場合は注意が必要だ。

「理由のわからないブレーキ」は後続車にとって青天の霹靂。信号もない、カーブでもない、歩行者も自転車もいない、お店があるわけでもない、そんな場所でのいきなりのブレーキは、後続車をヒヤリとさせ、それが続くと怒りに変えてしまう。

 そうした、なんでもない場所でブレーキを踏むドライバーは、道に迷っているか、建物などを探している場合が多い。「あっ、ここだったかな?」などと頭で考えると、その瞬間に無意識にブレーキを踏んでしまうことはないだろうか? 道を間違えたくない気持ちはわかるが、それが周囲のドライバーには大迷惑。安全な場所に停まってから、道を確認するのが正解である。

 このように、周囲のドライバーをイラッとさせる行為を挙げてみると、どれも少しの配慮や気遣いで防げるものばかり。自分のことだけでなく、他人のことを思いやれる心の余裕こそが、現代のドライバーにいちばん不足していることなのかもしれない。常に思いやり、時間の余裕、正しい知識の3点セットを欠かさずに、人にやさしい運転を心がけたいものである。

まるも亜希子

3/3ページ

最終更新:6/16(日) 21:26
Auto Messe Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事