ここから本文です

【Bellator】堀口恭司「UFCとかとどんどんクロスプロモーションしてほしい」=試合後会見

6/16(日) 13:19配信

ゴング格闘技

堀口が「那須川君、やろうよ!」に続けて言いたかった「セフード君、やろうよ!」

RIZIN初代バンタム級王者の堀口恭司(日本)が14日(日本時間15日)、米国ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで行われた「Bellator 222」でBellator世界バンタム級王者のダリオン・コールドウェル(米国)に挑戦し、判定3-0で勝利、UFCに次ぐ北米メジャータイトルを日本人として初めて獲得した。

【写真】試合後インタビューを受ける堀口恭司

試合後の会見冒頭で堀口は、「(英語で)ありがとうございます。私はとてもシャイなので、あまり英語で喋れません(笑)。ごめんなさい。(日本語で)今回、Bellatorのベルトをしっかり獲れて、すごく嬉しく思います。この機会をくださった榊原さん、スコット・コーカーさんにほんとうに感謝しています」と、両団体の垣根をこえて、王座戦が実現したことに感謝の言葉を述べた。

続けて、「両団体のチャンピオンとして、今後のことはもっともっと考えて、UFCとかどんどんクロスプロモーションしてほしいなと。もっともっとこのMMA自体を大きくしていきたいなと自分は思っています。サンキュー、ソーマッチ」と、Bellator、RIZINのみならず、「UFC」の名前も挙げて、交流戦を行っていきたい意向を示した。

関係者によると、試合前には、2018年の「那須川君、やろうよ!」の言葉に続き、今回、Bellatorのベルトを獲得した際には、リング上での勝者インタビューで「セフード君、やろうよ!」とUFCの二階級(フライ級&バンタム級)同時制覇王者との対戦を宣言するつもりだったという堀口。しかし、僅差判定での勝者コールに「驚きと嬉しさで、言おうと思っていた事がすべて飛んでしまった」のだという。

試合後の会見では、RIZINの榊原信行CEOも、「このスポーツのために、2つの団体で共催し、新しい挑戦をし、創造しなければなりません」と、Bellatorとの継続的な交流を約束。続けて、「次のステップのためにスコット・コーカー代表と話し合いを続けていきます。今年の10月に我々はライト級GPを開催します。Bellatorからも我々のGPに参加してほしい」とBellator所属選手の参戦を要請した。その場でスコット・コーカー代表も、パトリッキー“ピットブル”フレイレのRIZINライト級GP参戦を発表。バンタム級の王者同士の戦いに続き、ライト級でも両団体の選手が交わることが決定している。

1/2ページ

最終更新:6/16(日) 14:06
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事