ここから本文です

もしかして私臭ってる?制汗・消臭・除菌グッズに投資し続け、過剰使用で病院送りに……

6/16(日) 15:00配信

Suits-woman.jp

どこにでもいる女性でも気が付くと、その世界の『沼』にハマってしまうケースを紹介する同シリーズ。今回の沼は、一度自身の臭いに気づいてしまった時から対策グッズへの投資が止まらない「臭い対策」の沼です。

「少しでも気になるともうダメ。トイレに籠って制汗や消臭スプレーを大量に吹き付けてしまいます」と語るのは、幸子さん(38歳)。彼女は現在都内の病院で受付の仕事をしています。胸まであるストレートのロングヘアーはツヤツヤしており、化粧もアイライン、つけまつげ、ファンデにチークと完璧。服装はキャミの上にオーバーサイズのシフォン素材のシャツに、ややゆったりとした綿パンを合わせています。体型はやせ型で、臭いは一切感じません。

何気ない友人の「臭い」という一言。自分は臭いのかもと気にするようになった

幸子さんが自身の汗の臭いに気づいたのは高校生のとき。中学時代はまったく気がつかずに、何の対策もしていなかったそう。

「中学の時はまったくでした。汗は普通にかいていましたけど、気になるレベルじゃなかった。私は小さい頃からずっと細かったし、誰からも臭いとか言われなかったから。でも、中学の時からブレザーの制服だったんですが、夏服の半袖シャツや、冬場のブレザーの中に着る長袖シャツにはワキ部分に汗ジミができていました。でも、母親は『思春期には誰でもあること』と言ってくれていたので気にしなかったんですよ」

では、実際に高校の時に気づいたきっかけは何だったのでしょうか。

「仲の良かった友人からの指摘です。その子は中学から一緒で、高校から別クラスになって、よく体操着の貸し借りをしていました。私が午前中に使用して、午後からの体育の授業で使うからと貸した時に『汗が半乾きで臭かった』みたいなことを言われて……。そこから汗を気にするようになったんです。

それに私自身もそのぐらいの時期から、周りの汗臭い人のことを気づくようになって。私には2つ上に兄がいるんですが、思春期独特の男の子の臭いっていう、あの汗臭さもすごい気になるようになりました。私はバレー部に所属していたんですが、私からも兄と同じ臭いがもししていたらと、臭いは本人はあまり気づかないというから気を付けなければと思うようになったんです」

1/2ページ

最終更新:6/16(日) 15:00
Suits-woman.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事