ここから本文です

【男子目線の婚活アプリ】ネットじゃいくらでも自分を偽れるけど……交際2か月でフラれ、マッチングアプリを再開して感じたこと

6/16(日) 16:02配信

Suits-woman.jp

久しぶりの再開。見て気づいたこと

2か月ぶりのマッチングアプリの再開。久しぶりに開いてみると、「うわー懐かしいなぁ」としみじみ。前開いたときと比べて新しい人もいる一方で、1度辞める前に見たことがある人も。やっぱり恋人をつくるのって難しいときは難しいみたいです。

久しぶりにアプリをずらーっと見ていて、改めて少し気になる点が出てきました。

「どれだけの人がホントのこと書いているんだろう……」

以前、マッチングアプリの検索欄を見ていて、「あれ?この人、××さんじゃね?」と知人を見つけてしまったことがあります。ちょっと悪いかなーと思いながらも、気になってその人のプロフィールをのぞいてみると、ぜんぜん子ども好きじゃないのに「子ども好き」だと書いていて、「うーん、そうか……(笑)」と首をひねってしまいました。

写真加工アプリの「SNOW」で自分の顔写真を大きく変えてしまう人はマッチングアプリでよく見ますが、「異性の好みに合わせようと自分を偽っても意味がないよなぁ」と感じます。

ネットはいくらでも自分を偽れますが、時間と労力をかけてメッセージのやりとりをした結果、会って話してみたら全然違いましたじゃ不幸でしかないですよね。仮に付き合えたとしても、「いつまでも幸せが続くのかな?」とも思います。

ただ、相手に好かれたかったり、出会いを焦ったりする気持ちは痛いほど分かります。マッチングアプリではないですが、自分もルミさんとはそんな感じでした。元カノに合わせて、下手下手に出すぎてしまっていた部分があったんじゃないかなと今では感じています。相手の気分に合わせて会話をしていたし、自分が好きじゃないものでも相手が好きだというものがあれば、それをやっていました。

矛盾するようですが、「どこまでも真っ正面の自分をさらせば、それでいいのか」という風に思ったりもします。難しいですね(笑)。「僕はアイドルが大好きです!!」とかいうのも女子に引かれる感じがするし(僕は正直、乃木坂46が好きだったりしますがアプリのプロフィール欄には書いてませんし、元カノにも「アイドル興味ない」的なスタンスを貫いてました)、知人の中には「彼女の趣味に合わせるのが楽しいんだよね」という人もいます。自分にとってどのくらいのスタンスが正解なんだろう。

「相手にどこまで合わせるかって難しいよねー」

奥さんがいる友人から居酒屋でそんなことを聞きながら、今日もカルピスサワーを飲むコバヤシ。初めての交際を経験したことで一歩でも進歩したと思いたい……!次回へ続きます。

2/2ページ

最終更新:6/16(日) 16:02
Suits-woman.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事