ここから本文です

東京五輪を見据えて、プノンペンで 猫ひろしさんがカンボジア人1位に

6/16(日) 19:06配信

ベースボール・マガジン社WEB

2019 年 6 月 16 日(日)、カンボジア・首都プノンペンで行われたプノンペン国際ハーフマラソンにカンボジア選手として出場して猫ひろしさんは、1 時間 16 分 26 秒でカンボジアア人では1位、全体で2位入賞した。早朝から気温 29°C、レース中は 30°Cを超える中、無事ゴールした。
協力・写真/ワハハ本舗

 猫ひろしさんは、2016 年 8 月にカンボジア代表としてリオデジャネイロ・オリンピックに出場。今年 2 月の東京マラソンにも出場し、本人ベスト 2 の記録である、2 時間 30 分 37 を記録。この 6年間、カンボジア人 1 位ランナーとして記録を維持してきた。

 今回のレースを振り返って、猫さんは次のようにコメントしている。

「カンボジア1位という最低現の目標は達成できて安心しました。次の大会(12 月の東南アジア大会)まで逆算してきちんとやることをやって、毎日ギャグを作って頑張りますニャー。アイスクリーム食食べます」

※スタッフより補足:今回コースが500m 長かったとのこと。タイム 1 時間 16 分 26 秒で昨年同等の記録だが、タイムは若干速くなっている。 

 カンボジア代表選手として猫さんは、 2013 年にミャンマーで開催された東南アジア大会出場、2014 年アジア大会(韓国)、2015 年東南アジア大会(シンガポール)、2017 年東南アジア大会(マレーシア)に出場し、カンボジア代表として国際大会に連続出場を果たしている。さらに、今年は 2019 年 12 月に予定されている2019 年東南アジア競技大会(フィリピン)出場に向け、カンボジア 1 位を死守していく意気込みを見せている。

プノンペン国際ハーフマラソンは、カンボジアオリンピック委員会が主催し、毎年 6 月に女王の誕生日を記念して行われる国民行事。参加者約5000 名(国内 4000 名、外国人 1000 名)、今年も気温 30°Cと暑い中でのレースとなった。

クリール編集部

最終更新:6/16(日) 19:06
ベースボール・マガジン社WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事