ここから本文です

筋トレで自分の目標を達成するために、私が行った懸垂ルーティン

6/16(日) 21:12配信

ライフハッカー[日本版]

連続できる回数を1回ずつ増やしていくコツ

懸垂を連続3回はできても、4回目は「失敗する」というときはどうしたら連続回数を増やしていけるのでしょうか。

3回続けて懸垂をすると腕に力が入らなくなり、4回目ができなくなります。連続3回を1セットとすると、日に何セットもできないはず。私がその状況にあったときは、1日に懸垂3回を1セットだけやり、その後は1セットの回数を懸垂1回か2回にして、何度か行いました。

たとえ1回でもやらないよりマシですし、補助付き懸垂やダンベル運動なども続けましょう。8回連続で懸垂をできるようになった今は、懸垂5回を1セットにして練習しています。

私は加重懸垂も始めました。ジムにはチェーン付きのベルトがあり、そのチェーンに荷重プレートをつけてぶら下げます。自宅では、本やダンベルを詰めたバックパックを背負います。今は18ポンド加重した状態で1回だけ懸垂が可能。

いずれは、体重30ポンドの娘を私の足にぶら下がらせた状態で懸垂してみようと思います。

Photo: Martine Jacobsen

Beth Skwarecki ー Lifehacker US[原文]

3/3ページ

最終更新:6/16(日) 21:12
ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい