ここから本文です

【Bellator】ヒョードルが現役続行「さよならツアー」で最後の契約

6/16(日) 18:39配信

ゴング格闘技

Bellatorは14日(日本時間15日)、エメリヤーエンコ・ヒョードル(ロシア)と新たに独占的な複数試合契約を結んだことを発表した。

【写真】2018年10月のヘビー級トーナメント準決勝でソネンをTKOに下したヒョードル

ヒョードルは2019年1月の『Bellator 214: Fedor vs. Bader』で、ライアン・ベイダー(米国)を相手にBellator世界ヘビー級王座決定戦に臨み、ベイダーの左ストレートを受け、35秒でKO負け。同試合がBellatorとの最後の契約だったことを、当時スコット・コーカー代表が明かしていた。

ベイダー戦から5カ月、今回の契約は「Bellatorケージ内での彼のキャリアを終わらせるための“エメリヤーエンコ フェアウェル ツアー”」と、リリースには記されている。

スコット・コーカーBellator代表は「ヒョードルとの新たな契約の延長に署名できたことを嬉しく思います。彼は私がこのビジネスにおいて“友人”と見なしている男で、彼がBellatorでその有名なキャリアを終わらせることにしたことを、さらに嬉しく思います。ここBellatorには、彼のための刺激的なマッチアップがあります。このスポーツにおいて、彼の残された時間が少なくなるなか、彼が彼自身の条件でキャリアを締めくくることを嬉しく思います」と再契約に至った経緯を発表した。

また、ヒョードルも「スコット・コーカーに対する私の強い友情と尊敬が、契約延長を簡単なプロセスにしました」と再契約について語ると、「Bellatorは私のホームでしょう? 私は、Bellatorが成長し続け、世界のトップMMAプロモーションとしてその可能性を最大限に引き出すことを楽しみにしています」とのコメントを寄せている。

2000年5月のリングス・ロシア大会でプロデビューしたヒョードルは、MMA38勝6敗1NC。高阪剛戦でのアクシデントによるカットでの黒星以外は2010年6月までほぼ無敗で、スコット・コーカーが代表だったStrikeforce時代に、ファブリシオ・ヴェウドゥム、アントニオ・シウバ、ダン・ヘンダーソンに3連敗もその後5連勝で復活、2017年にBellator参戦を決めていた。

Bellatorでは、マット・ミトリオンに1R KO負け後、2018年から世界ヘビー級トーナメントでフランク・ミア、チェール・ソネンにいずれも1R TKO勝利も、2019年1月26日の決勝戦でベイダーにKO負けしていた。

42歳のヒョードル。近年の敗戦は1R決着がほとんどで、ヘビー級の打撃のダメージも心配されるが、“ラストエンペラー”自身が決めたという最終章の戦いは、「今年後半に動き出すと予想される」とプレスリリースには記されている。

最終更新:6/16(日) 18:39
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事