ここから本文です

大谷亮平、『ノーサイド・ゲーム』で大泉洋のパートナーに 元日本代表ラグビー選手の出演も決定

6/16(日) 11:03配信

リアルサウンド

 大谷亮平が、大泉洋が主演を務める7月期TBS日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』に出演することが決定した。

【写真】アストロズのメンバー

 大泉が本作で演じるのは、大手製造メーカー「トキワ発動機」の中堅サラリーマン・君嶋隼人。左遷人事で地方の工場に総務部長として赴任した君嶋は、トキワ発動機ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーを兼務するよう命じられる。かつては強豪チームだったアストロズは、現在、成績不振にあえぎ、ラグビーの知識も経験もない君嶋に、チーム再建という重荷が課せられることに。低迷するラグビー部と出世の道を絶たれた君嶋の、再起をかけた戦いを描く。

 『半沢直樹』『陸王』『下町ロケット』などのプロデューサー・伊與田英徳と、演出の福澤克雄がタッグを組む。共演には、松たか子、笹本玲奈、中村芝翫、上川隆也我が名を連ねる。

 大谷が演じるのは、君嶋の最強のパートナーでアストロズの監督・柴門琢磨。柴門は、「全ては勝利のためにある」が哲学でとにかく勝ちにこだわる情熱的な男で、大学ラグビー部の監督を務めた経験があり、アストロズの監督に招聘された。

 また、大泉と大谷が率いるアストロズのメンバーも決定。アストロズ主将の岸和田徹役に高橋光臣、そのほかアストロズのメンバーとして、ブリリアンのコージ、芸人・笠原ゴーフォワード、天野義久、廣瀬俊朗、齊藤祐也、田沼広之、鶴ケ崎好昭、北川勇次、仲村慎祐、阿久根潤らの出演が決定。実際のラグビー元日本代表選手たちや社会人チームでプレーしてきた選手たちが参加する。ラグビー経験者を中心に厳正なオーディションを行い、ラグビーと演技の両方が認められて選ばれた。

■大谷亮平 コメント
今回池井戸先生の作品に参加でき、とても光栄に思っています。僕が韓国で活動していた時も「日曜劇場で池井戸先生の作品がすごい」と伝わってきていました。サラリーマンの友人からも「日曜劇場のドラマを観ると本当に月曜日の元気が違う!」と言われたこともあります。それくらい影響力があり、社会で戦っている人たちにダイレクトに届くメッセージ性の高い作品を数多く書かれている先生の原作なので、嬉しいと同時に、責任感と熱量を持って挑まなければいけないと思っています。大泉さんとは以前一度ご一緒したことがありますが、いい意味でオンとオフがはっきりされている方だと思います。共演者やスタッフと話しているときは場を盛り上げてくださる気さくで明るい先輩ですが、いざ撮影が始まるとものすごい集中力・瞬発力を発揮され、ものすごいエネルギーを出してくる方だという印象です。僕が演じる柴門は、おそらく今回の出演者の中で“勝負”というものの難しさや厳しさを一番体感している人間だと思います。どうすればチームを勝たせることができるのかを常に考えている。柴門という男を想像したときに、「心・技・体」という言葉がパッと浮かびました。「心・技・体」が妥協なく一定のレベルに達していなければ勝つことはできないと一番わかっている人物。ただ、そういう気持ちを持っているからこそ、周りとぶつかってしまうのだと思います。経営的な視点でチームを見る君嶋とも衝突するでしょうし、「勝つために」これだけを考えて進んでいくからこそ各所でバチバチと火花が散るかもしれません。でも、柴門を演じるからには僕自身も芯に熱い想いを持ってブレずにやっていこうと思います。

■伊與田英徳プロデューサー コメント
大谷亮平さんは、爽やかなイメージと同時に、不撓不屈なスピリッツを感じておりました。今回、柴門という闘志あふれる役でご一緒できて、大変楽しみです。また、前にもご一緒したことがある高橋光臣さんが、まさか、ラグビーの経験があるとは知りませんでした。今回、キャプテンの岸和田という難しい役どころには適任だと思いオファーしました。そして、アストロズの方々は、厳しいオーディションを勝ち抜いたみなさんです。「陸王」で熱演していただいた天野義久さん、エディージャパンでキャプテンを務めていた廣瀬俊朗さん、スタープレイヤーだった齊藤祐也さんをはじめとした元日本代表の方々をはじめとした、ガチンコでラグビーができて、さらに芝居ができるスタープレイヤーが集まっています。芸人のコージさんや、笠原さんなどもスパイスの効いたお芝居を繰り広げてくれています。他のメンバー一人一人にも注目してください。世界に誇れるラグビーチームになっています。

リアルサウンド編集部

最終更新:6/16(日) 11:03
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事