ここから本文です

簡単にやせる人が続出の「脂肪ほぐし」で、ずんどうもぽっこりお腹も解消

6/16(日) 20:40配信

集英社ハピプラニュース

「MAQUIA」7月号では、簡単にやせる人が続出の「脂肪ほぐし」を、ダイエットコーチ 千波さんがレクチャー。今回は、おなか・ウエストの「脂肪ほぐし」をご紹介します。

【写真】簡単&効率的!最新ダイエット術もチェック

話題の美容家千波さんMAQUIA初登場
簡単手間なし脂肪ほぐしでほっそりBODYへ

メンタルをポジティブに切り替えることで、自身も20kgの減量に成功して人気沸騰中のダイエットコーチ、千波さん。簡単なのにやせる人が続出している千波流「脂肪ほぐし」をご紹介します。

ダイエットコーチ 千波さん
メンタルコントロールを組み込んだダイエット教室が半年で満員に。全国各地でレッスンやセミナーを開催。『伝説の脂肪ほぐし』をはじめとした書籍も評判で、累計10万部と大ヒット中。

下半身やせにも効果大! おなか・ウエスト
《最大のリンパと腸を刺激し
ずんどうもぽっこりも解消》
おなかには、左右の下半身の老廃物が集められる「乳び槽(にゅうびそう)」という大きくて大切なリンパが存在。おなかをほぐすと、この乳び槽と働きの悪い腸をまとめて刺激でき、便秘やむくみをすっきり解消できる。

STEP1
便秘解消に「四隅攻め」
図のように、大腸には4つの曲がり角があるもの。親指以外の4指でその4カ所を10秒押し込むように刺激すると、動きの悪い腸が活性化して便秘解消に。

STEP2
強めの圧でなまけ腸を刺激
こぶしを作り、第二関節をおなかにくいこませるようにして円を描く。おへそ近くから徐々に円を大きく。こぶしがおなかに埋まるイメージで念入りに行う。

STEP3
細見えの要・腹直筋ほぐし
親指の腹で、肋骨下からそけい部に向かって押し流す。固くなりやすい腹直筋をほぐして浮き上がらせることで、引き締まったおなかのタテ線を掘り出せる。

STEP4
秘技! 千波流くびれ掘り
横向きになり、親指を背中側の肋骨下に沿わせる。指の側面でウエストを絞り出すように後ろから前へ流す。姿勢が悪く収縮した腹斜筋がキュッとしなやかに。

STEP5
脂肪を流してすっきり
STEP4より指1本分下側の、脂肪がつきやすい部分にアプローチ。わき腹のお肉を背中側からおなかに持ってくるイメージで、親指の腹で強めに押し流す。

STEP6
骨盤内の脂肪だまりをほぐす
姿勢が悪いと固くなりやすく、脂肪を溜め込んでいるのが骨盤周り。横向きになり、親指を骨盤のでっぱりの内側にくいこませ、そけい部に向かって押し流す。

脂肪ほぐし成功のコツ
「よくなった」「できた」に意識を向けると、コツコツを続けられます。

最終更新:6/16(日) 20:40
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事