ここから本文です

早見あかり“男性脳”に理解「思いをくみ取ろうと努力できる」

6/16(日) 8:40配信

オトナンサー

 映画「女の機嫌の直し方」主演の早見あかりさん。同作は、真島愛(早見さん)が卒論データ収集のためにアルバイトしている結婚式場で、新婦の北澤茉莉(松井玲奈さん)のドレスがワインで汚れたことをきっかけに新郎の北澤悠(佐伯大地さん)がけんかを始め、式中止の危機に陥ります。愛は男女脳の違いを新郎にアドバイスし、新婦の機嫌を直しますが…黒川伊保子さんの同名著書を原案にしたハートフルコメディーです。

 オトナンサー編集部では、早見さんに単独インタビューを実施。男女脳の違いや“男性の機嫌の直し方”などを聞きました。

早くこれに出会えていたら…

Q.原案は読まれましたか。

早見さん(以下敬称略)「私は脚本からでしたが、脚本も面白いと感じました。自分が演じることとは無関係に、早くこれに出会えていたらいろいろなトラブルを回避できたのではないかと思いました。これまで、男女で思考回路や考え方が違うとは思っていませんでした。どうして違うのか端的に説明されていて面白かったです」

Q.男女脳の違いを理解できましたか。

早見「できました。理解できない部分もありますが、『そういう視点で物事を捉えたからこういう言葉が出てきたんだ』という背景を感じ取ることができたので、人に思いやりを持てると思います。男性に対してこれまで『なんでそんな言葉が』と思っていましたが、言葉を発した背景や思いをくみ取ろうとする努力はできると思いました」

Q.劇中の男女間トラブルと同じような経験をされたことは。

早見「同じような経験はありませんが、ウエディングドレスが汚れたとき、佐伯大地さんの『値段のことはいいから新しいドレス選ぼう』というセリフを聞いて、余計な一言ってこういうことだよな、こういうのはあるあるだよなと思いました。実際、値段を気にしなくていいよというのも今なら思いやりだと分かるので、男性脳ってちょっとかわいらしいなと思います」

Q.男性の機嫌を直すコツはありますか。

早見「分からないので、次はぜひ『男の機嫌の直し方』ができるといいのではないでしょうか(笑)愛ちゃんは今回、女性の不機嫌を直すために男性にアドバイスしましたが、逆のデータも持っているので、たくさんの方が見てくだされば作れますね(笑)」

Q.映画に出られて考え方は変わりましたか。

早見「思いやりを持つこと。イラッとしたときや不機嫌になったとき、相手の言葉を聞かなかったりすると思うんですが、一番最初にも言った『なんでこんな言葉を言ったのか』ということを考えるのが大切だと思いました」

Q.リフレッシュにはどんなことをされていますか。

早見「寝るか、人に会いに行くかですね。忙しいときの方が友達に会おうと努力している気がするので、人に会うこと。どんなことを話したか、家に帰ったら忘れているくらいどうでもいい話をするのがストレス解消法ですね」

Q.今、一番興味のあることは。

早見「メイク技術。ショウのようなメイクですね。元々、美容やメイクがとても好きでした。いろいろな動画が出回っていてうまい方も多いので、勝手に会いたいなと思っています。メイクさんとも、どの道具がいいかと話すと楽しいです」

 映画「女の機嫌の直し方」は6月15日から全国公開。

オトナンサー編集部

最終更新:6/16(日) 8:40
オトナンサー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

オトナンサー

株式会社メディア・ヴァーグ

「ライフ」「漫画」「エンタメ」の3カテゴリーで、暮らしに話題と気づきをお届け!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ