ここから本文です

【磐田】「でも実は…」終了間際の“神セーブ”について守護神カミンスキーが持論

6/16(日) 7:47配信

SOCCER DIGEST Web

常にトップレベルをキープできる所以

[J1第15節]磐田 0-0 G大阪/6月15日/ヤマハ
 
 勝負の分かれ目となるファインセーブだった。

 0-0で迎えたアディショナルタイムの90+3分、右サイドからクロスを入れられ、矢島慎也にドンピシャのタイミングでヘディングシュートを打たれる。失点してもおかしくないピンチだったが、磐田のGKカミンスキーは至近距離からの一撃に素早く反応し、しっかりと両手で弾き返してみせた。
 
「あのシュートはそんなに強くなかったので」と不動の守護神は謙遜しつつ、「動かず、最後の瞬間まで待って、なんとか反応できました」と振り返る。
 
 このワンプレー以外にも、試合を通じていくつもの好守を見せていたカミンスキーは、今節のG大阪戦でJ1通算100試合出場を果たす。節目となるメモリアルゲームは結局、スコアレスドローに終わり、「3ポイントを取れなかったのは残念」と悔しがる一方で、「自分としてはクリーンシートを達成できたので」と控えめに喜びを口にする。
 
 矢島の決定機を阻止したことについても、「あのシュートに対してゴールを割らせなかったことで、チームの助けになったとは思います。最後の最後の場面でしたし、あのプレーで1ポイントを取れたと、その満足感はあります」と語る。
 
 とはいえ、チームを敗戦から救う“神セーブ”だったのは間違いないが、それで終わりにしない、もっと違う対応があったのではないかと突き詰めて考えられるのが、カミンスキーが常にトップレベルをキープできる所以なのだろう。「でも実は……」と切り出して、こう続けた。
 
「クロスが入った時、もしかして、自分が前に出て、シュートを打たれる前に何かできたのではないかという考えはあります。これからハイライトを見返したり、GKコーチと話をして、あのシーンは出られたのかどうかを検証したい」
 
 現状に甘んじず、飽くなき向上心を持つ男が、磐田の最後尾を守っている。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
 

最終更新:6/16(日) 8:20
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事