ここから本文です

「ウーデゴー以来の注目度」番記者が語る久保建英のマドリー移籍。かつての“神童”はいま何をしているのか?

6/16(日) 21:18配信

SOCCER DIGEST Web

20歳となった神童は退団を希望

 レンタル先で結果を出したウーデゴーだが、エデン・アザールやルカ・ヨビッチなど、早くも5人の新戦力を獲得し、ジネディーヌ・ジダン監督の下で大刷新を敢行しているマドリーにもはや居場所はなく、今夏の完全移籍が取り沙汰されている。20歳となった本人も退団を望んでいるようだ。

 オランダ王者のアヤックスをはじめ、ユリアン・ブラント、トルガン・アザールという主力アタッカーをともにドルトムントに引き抜かれたレバークーゼンとボルシアMGなどブンデスリーガ勢が、興味を示しているという。

“神童”でも乗り越えられなかったトップチームの厚い壁を、久保は突き破れるのか。新シーズンから始まる若武者の挑戦に、熱い視線が注がれている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

 

2/2ページ

最終更新:6/17(月) 0:36
SOCCER DIGEST Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事