ここから本文です

フューリー、KO直後の“魂のエアロスミス熱唱”に海外絶賛「最高のエンターテイナー」

6/16(日) 19:33配信

THE ANSWER

意外に美声? リング上で夫人に向かって熱唱、海外反響「心を溶かせた」

 ボクシングの元ヘビー級世界王者のタイソン・フューリー(英国)が15日(日本時間16日)、米ラスベガスで行われた同級12回戦のトム・シュワルツ(ドイツ)戦で2回TKO勝利を収めた。入場時はボクシング映画の名作「ロッキー」の人気王者アポロ・クリードに扮して盛り上げ、圧巻の勝利後はリングで夫人に捧げるバラードを熱唱。美声を響かせた模様をトップランク社が動画付きで公開し、「ボクシング界最高のエンターテイナー」「心を溶かせた」と絶賛の嵐となっている。

【動画】意外と美声だった!? 「最高のエンターテイナー!」と海外絶賛…フューリーが美声を響かせた“魂のエアロスミス熱唱”の実際の一部始終

 その瞬間、激闘を繰り広げたリングがステージと化した。圧巻のラッシュでTKO勝ちを収めた直後、MGMグランド・ガーデン・アリーナに衝撃を走らせた。多くの関係者がリングに上がる中、グラブをつけたままのフューリーはマイクを手に取り、ドレスアップしたパリス夫人に向かい、じっと見つめた。そして、次の瞬間だった。

 歌った。フューリーが歌い始めた。聞き鳴れたメロディーは人気ロックバンド「エアロスミス」のバラード「I Don’t Wanna Miss a Thing」だ。歌い上げるアカペラは、かなりの美声。最初はファンも騒然とし、夫人も苦笑いを浮かべていたが、汗をほとばしらせながら、美声を響かせるフューリーに不思議と惹き込まれ、会場が一体感ある空気感に……。

 ついにお馴染みをサビを迎える頃にはファンもコンサートばりに手を振り、夫人も一緒に口ずさんだ。そんな空気の中、一小節を歌い切ると感動の様子でパリス夫人と抱擁した。フューリーとプロモーター契約を結ぶ「トップランク」公式ツイッターは魂の熱唱動画を紹介し、「彼のような存在は絶対にいない。スポーツ界最高のエンターテイナーだ!」と称賛した。

海外メディアも特集「MGMの観衆にセレナーデを奏でる」

 英地元紙「ザ・サン」も「彼は心を溶かせた。幼なじみの恋人であり、5人の子どもの母親である妻に捧げた」と熱唱を高く評価し、英地元紙「メトロ」も「タイソン・フュリーがMGMの観衆にセレナーデを奏でる」と報道した。

 試合前のリング入場ではガウンの下に隠していたのは星条旗カラーのパンツを披露し、赤と白のシルクハットを被ると、大音量に鳴り響く、ジェームス・ブラウンの名曲「リビング・イン・アメリカ」のリズムに乗りながらリングイン。映画「ロッキー4」でイワン・ドラゴ戦に臨むアポロを完全コピーするサービス精神を炸裂させていた。

 無敗だった元3団体制覇王者のアンソニー・ジョシュア(英国)が今月のタイトルマッチでアンディ・ルイス(米国)に大番狂わせで敗れ、混戦模様のヘビー級戦線。元WBA、IBF、WBO世界ヘビー級スーパー王者は健在の強さとショーマンぶりで、強烈な存在感を示している。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/3(土) 1:43
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事