ここから本文です

グラドル鈴原りこ、演技に奮闘「自分を捨てて“もう一人の子”」

6/16(日) 18:00配信

ザテレビジョン

グラビアアイドルの他、介護職にも従事しているタレント鈴原りこが、5月20日に3枚目となるDVD「天使のユウワク」(ラインコミュニケーションズ)を発売。東京・秋葉原でファンイベントを開催し、囲み取材に応じた。

【写真を見る】お気に入りの黒の衣装でユウワク

今年2月に撮影された本作。鈴原は「テーマが元カレとよりを戻すというお話で、看護師の役です」と作品を紹介した。

一番大変だったシーンについて「全部大変でした(笑)。息遣いをもっととか、もっとセクシーにとか、わざと息を吐くということが結構大変で。せりふもありました。でもせりふは自分を捨てて、頑張って『もう一人の子』というのでやっていました」と撮影を振り返った。

また記者からは、作品のタイトルにちなんで「一番ユウワクしているシーンは?」との質問も寄せられた。鈴原は「ナースのシーンですね。レビューを拝見したんですけど、『露出が結構スゴイ』と。『あ、すごかったんだな』って(笑)」とはにかんだ。

現在、芸能活動の傍ら介護士としても活動している鈴原だが、今作では“看護師”を演じた。「仕事自体はDVD撮っている時は全然看護師と関係ないことをしていたので(笑)、『こんな看護師いないよな』って思いながら演じてましたね(笑)」と役どころを分析。

さらに今作に点数を付けてもらうと、「撮影している時は、『これでいいのかな、よかったのかな』って思う点がいっぱいあったんですけど、出来上がった作品を見て、買っていただいた方の反応を見ると頑張ったんだなと思うので…80点(笑)」と自己採点、次回作以降への“のびしろ”を提示していた。(ザテレビジョン)

最終更新:6/16(日) 18:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン30号
7月17日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ