ここから本文です

「タマ&フレンズ」擬人化プロジェクト「うちタマ?!」ついにアニメ化! 斉藤壮馬がタマ、小野賢章がポチ役、2020年1月ノイタミナ枠で放送!

6/16(日) 4:15配信

ザテレビジョン

人気キャラクター「タマ&フレンズ ~うちのタマ知りませんか?~」の擬人化プロジェクトの一環として、新作テレビアニメの制作が決定。「うちタマ?! ~うちのタマ知りませんか?~」のタイトルで、2020年1月からフジテレビの「ノイタミナ」枠ほかで放送されることが明らかに。これを受けて、ビジュアルとアニメ映像を使用したPVが公開。さらにメインキャスト10名、スタッフ情報も解禁された。

岡本タマ(CV:斉藤壮馬)。岡本家で飼われている猫。好奇心旺盛で友達思い。すぐに迷子になってしまうため、飼い主のたけしくんが似顔絵付きの貼り紙を貼っている。かぎしっぽが特徴的

「うちタマ?! ~うちのタマ知りませんか?~」は、とある町の3丁目を舞台に、猫や犬たちが人間の姿で駆け回る、癒やし系アニメーション。

擬人化の元となった「タマ&フレンズ ~うちのタマ知りませんか?~」は、1983年のデビュー以来、女子中高生やOLを中心に文房具やファンシーグッズなどで人気を博しているキャラクター。1993年の劇場版公開、1994年のテレビアニメ放送を経て、2016年には22年ぶりの新作アニメが放送。そして2019年5月には26年ぶりの劇場版も公開された。

「タマ&フレンズ」擬人化プロジェクトは、2017年に発表されており、本作「うちタマ?! ~うちのタマ知りませんか?~」は擬人化プロジェクト待望のアニメ化作品となる。

おでこにブチがあり黄色い耳をしたみんなの“ご近所ねこ”タマは、岡本タマの名でケモ耳な少年の姿となり、斉藤壮馬が演じる。その他、山田ポチ役を小野賢章、木曽トラ役を白井悠介、花咲モモ役を花澤香菜、河原ベー役を内田雄馬、桶谷コマ役を黒沢ともよ、ノラ役を梶裕貴、三河クロ役を梅原裕一郎、野田ゴン役を羽多野渉、倉持ブル役を前野智昭と、人気声優陣が名を連ねた。

また、メインスタッフも明らかに。監督を松田清、シリーズ構成をうえのきみこ、キャラクターデザインを大塚舞、音楽をTom-H@ck、アニメーション制作は「さらざんまい」のMAPPAとラパントラックが務める。(ザテレビジョン)

最終更新:6/16(日) 4:15
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事