ここから本文です

人類最速男ボルト、マンUに“ポグバ中心”の編成を提言 「適切なストライカー」も指名

6/16(日) 17:10配信

Football ZONE web

アトレチコ退団を明言したグリーズマンの名前を挙げる

 陸上界で9個の五輪金メダル(うち1個は後に剥奪)を手にし、現役を引退したウサイン・ボルト氏は、マンチェスター・ユナイテッドの大ファンとして知られているが、お気に入りのクラブに対してある1人のプレイヤーを中心に編成するよう助言し、さらに新たに獲得するべき選手を提言している。英紙「デイリー・ミラー」が報じた。

 ボルト氏と言えば、言わずと知れた陸上界のレジェンドであり、現役引退後にサッカー界でのプロ入りを目指すなど大のサッカーファンとして知られている。そんなボルト氏が、サポーターであると公言しているのがユナイテッドだ。

 ユナイテッドは2018-19シーズン途中にジョゼ・モウリーニョ監督が退任し、オレ・グンナー・スールシャール監督が就任。新指揮官招聘直後は結果を残したものの、終盤はペースダウンしてしまい、来季のUEFAチャンピンズリーグ(CL)の出場権を確保することができなかった。

 そんな状況もあって今夏の移籍市場では大きな動きを見せるのではと言われているが、ボルト氏はフランス代表MFポール・ポグバを中心としたチームを作るべきだと進言した。

「ポグバは私の友人だ。そして私は彼の大ファンだ。ユナイテッドは彼を中心としたチームを構築する必要がある。それが私の個人的な考え方だ。ユベントスやフランスでのプレーを見れば、彼は傑出している。なぜなら彼がどのようにプレーし、どのようにボールを扱うかを知っている優れたストライカーや選手たちがいるからだ。彼は素晴らしいパサーだよ」

 またボルト氏は「私が言ったように、彼を中心とした適切なチームを構築するなら、彼がどのようにプレーするのか理解している選手たち、一緒にプレーする適切なストライカーを与えてくれ。そうすれば彼は素晴らしいプレーをするだろう」と説明し、続けて獲得すべき選手としてアトレチコ・マドリード退団を表明しているフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンの名前を挙げた。

「彼とポグバは同じ国で一緒にプレーしている。完璧なサインになるだろう」

 ポグバに移籍の噂は絶えないが、その実力は折り紙付きだ。ボルト氏の助言通り、ユナイテッドがポグバ中心のチームを構築する可能性はあるのだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:6/16(日) 17:10
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事