ここから本文です

川島永嗣が語る“レアル久保”誕生の意義と未来 「日本のサッカーを引っ張ってほしい」

6/16(日) 6:15配信

Football ZONE web

18歳にして世界的名門のレアルと契約「彼にとってキャリアもまだまだこれから」

 日本代表MF久保建英は、現地時間14日にFC東京からスペインの名門レアル・マドリードへの移籍が決まり、注目度は一層増している。「ニュースで知った」というベテランGK川島永嗣(ストラスブール)は、「日本のサッカーを引っ張っていってほしい」とエールを送った。

【動画】日本代表18歳MF久保建英、華麗ドリブル・股抜き・衝撃ボレー・絶妙パス! 「ようこそ」…移籍決定でレアル公式が公開「超絶スキル集」

 ゲスト国としてコパ・アメリカ(南米選手権)に出場する森保ジャパンは、13日に開催地ブラジルで初練習を行ったなか、その後久保のレアル移籍がクラブから正式発表された。ビッグニュースのインパクトは、日本メディアのみならず、レアル贔屓で知られるスペイン紙「マルカ」や世界三大通信社の一つである「AFP」の記者が、14日に行われた日本の練習に足を運ぶほどだった。

 6月9日の国際親善試合エルサルバドル戦(2-0)で歴代2番目の若さとなる18歳5日でデビューを果たしたばかりだが、その期待は日に日に大きくなっている。すでにレアル移籍の一報は森保ジャパンのメンバーも知るところだが、2010年の南アフリカ・ワールドカップから3大会連続で日本のゴールを守り続け、ベルギー、スコットランド、フランスと計9シーズン戦ってきた川島は、「僕が評価する立場ではないと思いますけど」と前置きしたうえで、18歳の若武者が世界的な名門に移籍する“意義”について語った。

「こういう形で若い世代がヨーロッパのビッグクラブでやれるチャンスがあるというのは、今後の日本サッカーにとってもちろん良いこと。彼にとってキャリアもまだまだこれからだと思うので、こういうなかで結果を残して、逆に若い世代ですけど、日本のサッカーを引っ張っていってほしい」

 Bチームにあたるカスティージャからのスタートとはいえ、“白い巨人”の名で知られるレアルのトップチームと契約するのは日本人選手初。18歳の久保がパイオニアとしてどのように世界で道を切り開いていくのか、川島も大きな期待を寄せていた。

Football ZONE web編集部・小田智史 / Tomofumi Oda

最終更新:6/16(日) 6:15
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事