ここから本文です

「勝手な憶測ですけど…」 久保建英が感じる対戦国の“日本過小評価” 「軽く見ている」

6/16(日) 7:40配信

Football ZONE web

若手主体の森保ジャパンで臨むなか、久保が指摘「あんまり日本は知られていないと思う」

 森保一監督率いる日本代表はブラジルで開催されるコパ・アメリカ(南米選手権)に招待国として参戦するなか、17日のグループリーグ初戦チリ戦に向けて13日から現地でトレーニングを開始した。先日A代表デビューを飾り、14日にFC東京からレアル・マドリードへの電撃移籍が決まったMF久保建英は対戦国の“日本軽視”を感じ取っているようだ。

【動画】日本代表18歳MF久保建英、華麗ドリブル・股抜き・衝撃ボレー・絶妙パス! 「ようこそ」…移籍決定でレアル公式が公開「超絶スキル集」

 6月のキリンチャレンジカップで代表初招集を受けた久保は、5日のトリニダード・トバゴ戦(0-0)でベンチ外となりスタンド観戦。続く9日のエルサルバドル戦(2-0)では後半22分から途中出場し、歴代2番目の若さとなる18歳5日で代表デビューを果たすと、華麗な2人抜きドリブルからのシュートで会場を沸かせた。

 コパ・アメリカでも継続招集された久保は、「強い相手のほうがいい。そこで活躍できれば自信になる」と語るなど、強敵との対戦を心待ちにしている。チリ戦に続き、20日にウルグアイ、24日にエクアドルと対戦するなか、「強いからといって言い訳にしたくない。そういう相手と戦えるということは非常に恵まれていると思う。日本代表として正々堂々と戦って、良い結果を出すだけ」と宣言した。

 その一方で対戦相手からの警戒はさして感じていないようだ。久保は「自分の勝手な憶測ですけど……」と前置きしながら、「あんまり日本は知られていないと思う」と指摘。東京五輪世代の若手が主体となる今大会の日本代表は、初招集が13人にのぼるなどこれまでのメンバーからガラリと構成が変わった。そうした陣容も影響しているのか、久保は「(日本を)ちょっと軽く見ているのかなというぐらいの印象」と語る。

 もっとも、そこに難敵撃破の可能性が眠っており、「全然対策とかもされないと思いますし、しっかり自分たちは対策ができると思う」と18歳アタッカーも勝算を見出していた。

Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki

最終更新:6/16(日) 7:40
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ