ここから本文です

“バルサ育ち”の久保建英、レアル移籍決定に贔屓紙が落胆 「これほどの絶望はない」

6/16(日) 14:30配信

Football ZONE web

宿敵に奪われたラ・マシア出身の有望株、バルサ側に広がる失意を指摘

 FC東京の日本代表MF久保建英のレアル・マドリード加入は、日本サッカー史に残るであろう移籍劇となった。一方で落胆ムードが広がっているのは、かつて下部組織時代に久保が所属したバルセロナ側のメディアだ。

【動画】日本代表18歳MF久保建英、華麗ドリブル・股抜き・衝撃ボレー・絶妙パス! 「ようこそ」…移籍決定でレアル公式が公開「超絶スキル集」

 バルサの贔屓紙として知られるスペイン紙「スポルト」は、「タケフサ・クボの喪失」と銘打ったタイトルのコラムで久保をライバルに奪われたことを嘆いている。

「昨日、我々は18歳ながら世界的な素晴らしい有望株の1人である日本代表のタケ・クボが、レアル・マドリードと契約したことを知った」

 このように事実を切り出した同紙だが、未成年の外国籍選手の獲得によってバルサを一度離れ、日本に戻ってからのプロセスについてこう悔やんでいる。

「クボの話題は重要だ。彼はとても若い頃バルサと契約したものの、FIFAの制裁措置の後ラ・マシア(バルサの下部組織)を去ることを強いられた。それにもかかわらず、バルサは彼についてチェックし続けて、彼が戻ることを期待してシーズンを通してチェックしていた。その瞬間が訪れたが、クラブは2つの落とし穴に直面しました。レアルは彼に年間100万ユーロ(約1億2500万円)という高額な金額をオファーし、トップチーム出場についても約束しているのだ」

 パリ・サンジェルマンも参戦したと言われる獲得レース。それに対して、レアルに後手を踏んで奪われたことを次のように悔やんでいる。

久保レアル移籍の喪失は「クラブ内部で深い反省につながるはずだ」

「バルサの強化部はそれから2つの条件が“やりすぎ”で、市場の手に委ねられていると判断した。それこそがマドリードが台頭し、彼を奪った瞬間だった。クボの件はクラブの内外で大きな波紋を広げた。なぜなら、大いなるライバルが“真珠”を形作っていくところを見るからだ。それ以上の絶望はないだろう」

 記事では「(バルサをスポンサードする)楽天との関係性を含めて、アジア市場でのプレゼンスを深める絶好の機会を浪費しているのは明らかだ」とスポーツ面以外での影響も懸念。「この喪失は、誰が、どのように、そしてなぜこの決定が下されたのか、クラブ内部で深い反省につながるはずだ」と締めくくっている。手塩にかけた逸材が、宿敵である“白い巨人”の一員となる――。育成組織が近年振るわないバルサにとって、久保の一件は大きな波紋となりかねない。

Football ZONE web編集部

最終更新:6/16(日) 19:35
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事