ここから本文です

三好康児、“未知の世界”での戦いを楽しみに。「できることを証明したい」【コパ・アメリカ】

6/16(日) 14:00配信

フットボールチャンネル

 ブラジルで開催中のコパ・アメリカ2019(南米選手権)に出場する日本代表は、グループステージ初戦となるチリ戦に向けて準備を進めている。MF三好康児がチームの現状や大会への見通しを語った。

【動画】日本、未来の布陣はこれだ! 4年後の日本代表イレブンを予想

 チームの準備状況については「短い準備期間ではありますけど、その中でできることはやれていると思います」と三好。「日本としてやるべきことをやっています。もちろん相手のやり方とかはありますけど、練習の中では自分たちのやるべきことを確認することが多いですね」と語った。

「チャンスをどれだけ作れるか、そこは自分に任されている役割だと思っているので。もちろん厳しい戦いになると思いますけど、それでもチャンスは作れると思いますし、自分がボールを握って攻撃の部分も作っていければいいなと思います」と、チャンスメーカーとして攻撃陣を引っ張る役割に意欲をみせている。

 初戦の相手となるチリの印象としては「やっぱり前に強いというか、どんどん後ろから出てくるイメージがあります。個々の選手の強さ、能力はすごく高いものがある」と三好は語る。その高い個人能力に対しては、個々の選手が球際での勝負の意識を強く持つことに加え、「1人でできないところはチームとしてカバーするのが大事かなと思います。助け合う部分は日本の大事な部分だと思うので」とチームプレーでの対応の意識を強調した。

「南米で、コパ・アメリカという大会は初めてなので。自分にとっては未知の世界だと思っていますし、試合の中でしか感じられないところもあると思う。それを感じられるのはすごく嬉しいことですし、その中でできることというのを、できるだけ証明できればいいかなと思います」と大会の開幕を楽しみにする様子をみせた。

(取材:舩木渉、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル編集部

最終更新:6/16(日) 14:00
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事