ここから本文です

兄と同じ道を辿って急成長。中日・ 又吉克樹の弟がドラフト候補へ名乗り

6/16(日) 6:57配信

webスポルティーバ

「あまり似ていないと言われる方もいるんですが、僕はそっくりだと思うんですよねえ。マウンド上での所作、雰囲気を見ていると、お兄ちゃんのことを思い出しますね」

元ドラ1「未完の剛球王」が独立リーグで復活。メジャーへの扉を叩く

 四国アイランドリーグplus・香川オリーブガイナーズの運営に長年携わっている、広報担当の中野彰が懐かしそうに語る。言われてみると、たしかに似ている。間近で確認すると、選手名鑑で確認した顔写真よりもずっと"兄"の面影を感じる。

 視線の先にいるのは、昨年香川に入団し、今年2年目を迎える又吉亮文(またよし・あきふみ)だ。中日に在籍する又吉克樹を兄に持ち、その兄がNPB入りの夢を掴んだ四国で白球を追っている。

 環太平洋大(岡山)から香川オリーブガイナーズへ。出身高校こそ異なるものの、その歩みの多くが兄と重なっている。プレースタイルも兄に近い"本格派サイド"。ドラフト指名候補に挙げられている又吉だが、高校野球引退時に、一度野球から離れることも考えていたという。

 浦添高(沖縄)3年の夏、又吉はベンチ外だった。グラウンドで躍動するチームメイトに声援を送りながらも、「幼少期から野球は見るよりもプレーしていたいタイプ」の又吉はどこか引っ掛かりを覚えながら夏を過ごした。

 大きな挫折を味わい、"不完全燃焼"の思いが燻(くすぶ)り続けていたが、当時のストレートの最速は110キロほど。「これで上を目指しても仕方がない」と、抱えていた感情にそっとフタをした。

 大学受験に気持ちを切り替え、「琉球大に進学して、教員免許を取ろう」と新たな目標を定めた。受験勉強に明け暮れていた高3の秋、兄・克樹が中日からドラフト指名を受けた。現在に至るまで独立リーグ出身選手の最高位である2位指名。「サクセスストーリー」として脚光を浴びる兄の姿は、消えたはずの野球への思いを再燃させるには十分過ぎるものだった。

「ドラフト指名を受けた兄の姿を見て、『野球を続けたい』という気持ちが強く芽生えました。兄も高校時代の球速は110キロくらい。そこから大学で140キロ近くまで球速を伸ばして、独立リーグに進んでいます。大学時代のピッチングを実際に見て、『ここまで成長できるんだ』と驚いた記憶も蘇ってきて、その成長のきっかけとなった環太平洋大の環境に自分も進んだらどうなるんだろう、と考えるようになりました」

1/4ページ

最終更新:6/16(日) 6:57
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ