ここから本文です

兄と同じ道を辿って急成長。中日・ 又吉克樹の弟がドラフト候補へ名乗り

6/16(日) 6:57配信

webスポルティーバ

元々人見知りということもあり、「かなり緊張した」と振り返るが、中日でプレーする又吉の実弟であること、現在独立リーグに所属している旨を説明。会話をするなかで、メンタルトレーナーとスカウトから聞いた言葉が脳裏をよぎった。

「できれば『自主トレに参加させてもらって勉強したい』と思いながらも、最初は言い出せずにいました。その時、メンタルトレーナーの方からの『待っていても何も起こらない。自分から行動を起こさないと変化は生まれない』という言葉を思い出したんです。それと、スカウトの方からも『マウンドには、そこまでの練習、自分の性格、生き方すべてが出る』という言葉をもらっていて。今ここで引いたら、マウンドでもそれが出る。思い切ってお願いしてみようと」

 意を決して自主トレへの参加を志願すると、その選手は快諾。当初は1日のみの予定だったが、又吉の貪欲な姿勢が評価され、最終日まで一緒に汗を流した。自主トレに帯同していたNPB球団のブルペン捕手相手に投球を行なうなど、いくつもの成長のきっかけを掴んだ。

 それだけでなく、兄・克樹がチームメイトと行なう自主トレにも参加した。当初「プロ野球選手と一緒にやって満足するだけなら意味はないぞ」と厳しい言葉をかけていた兄も、成長した又吉の姿に驚いていたという。

「兄から『お前変わったなあ』と言われました。僕が積極的に質問する姿の印象がなかったみたいで(笑)。自分で変われている実感はあまりなかったんですが、身内からそう言ってもらえると、少しは成長できているのかな、と思えるようになりましたね」

 その球歴から、兄と比較されることも多いが、又吉本人は前向きにとらえている。

「比べられたり、"又吉の弟"と見られたりするのは仕方がないと思います。それなら、むしろ兄のネームバリューを生かしていきたいと考えていて(笑)。ほかの選手よりも目に留まる、見てもらえるチャンスでもあると思うんで、そこはプラスにしていきたいですね」

 そして、こう続けた。

「『又吉の弟、たいしたことなかったわ』って言われるのは悔しい。昨年はそう言われることも少なくなかったので、今年は覆(くつがえ)せるようにしたいです」

 前期は自己最速を更新する最速149キロをマークしたが、チームは3位に止まった。チームの優勝、そして自身のNPB入りがかかる勝負の後期へ。戦いは7月に再スタートする。

井上幸太●文 text by Inoue Kota

4/4ページ

最終更新:6/16(日) 6:57
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事