ここから本文です

西武池袋本店が水着センター開設 街中でも着られるドレス水着など発売

6/16(日) 14:00配信

WWD JAPAN.com

西武池袋本店は6月26日から8月20日まで、水着センターを開設する。近年は海に入らず、ビーチで読書をしたり、サップ、ヨガなどのアクティビティーを楽しんだりするなどビーチでの過ごし方が多様化している。今年は30~50代の女性を中心ターゲットに、陸と海のボーダーレスな水着など約5000点を用意する。

【画像】西武池袋本店が水着センター開設 街中でも着られるドレス水着など発売

アイテムは3種類に分類。露出を抑え体型をカバーでき、年齢を問わず街中でも着られる“ドレス水着”(2万3000~2万4500円)や、ホールド感のあるブラトップやレギンスなどスポーツにも対応できる“水陸両用水着”(1万4000円)、パンツやスカート、ワンピースなど単品を組み合わせることができる“カスタマイズ水着”(7500~9500円)をそろえる。

最終更新:6/16(日) 14:00
WWD JAPAN.com

記事提供社からのご案内(外部サイト)

WWD ジャパン

INFASパブリケーションズ

2092号
2019年7月15日発売

定価500円(税込み)

百貨店はファッションを諦めない! 百貨店6社のトップに聞いたデジタル戦略や富裕層対策

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事