ここから本文です

「公式の場は白い服」 エステー社長のブランド戦略

6/17(月) 7:47配信

NIKKEI STYLE

女性のための総合イベント「WOMAN EXPO TOKYO 2019」(日本経済新聞社、日経BP主催)が5月18~19日、東京都内で開かれた。キャリアや教養、健康・美容などをテーマに講演などを開催。企業トップやリーダーとして働く女性らが働き方や人生観について語った。
◇   ◇   ◇

■エステーの鈴木社長 女性の視点、経営に生かす

エステーの鈴木貴子社長は「会社と自分を成長させるルール」をテーマに講演した。女性の視点や外資系でラグジュアリーブランドマーケティングやブランディングに約20年従事した経験を経営に生かし、消費者に愛される会社をどう目指してきたかを説明した。
2013年に社長に就任した鈴木社長は「最初は社長が女性でも男性でも変わらないと考えていたが、女性リーダーであるがゆえに常識とされていたことをおかしいなと思う機会があった」と話す。
同社のトイレ用消臭スプレーのデザインを、香りをイメージするイラストに変えた。「以前はなんと便器の絵がついていた」という。「男性社員は商品の機能価値はよく理解する。一方で、女性なら『こんなの部屋に置きたくない』とすぐ分かるが、男性にはデザインや香りといった情緒価値をなかなか理解してもらえなかった」と振り返る。
「男性が中心になって回してきたビジネス界の空気を変えるには、女性たちが自分の強みを知って堂々と声をあげる必要がある」。女性であることに加え、他の業界や外資系企業で働いたことが役立った経験から「強みだと自覚していないことが実は大きなアドバンテージだったりする」と語った。
自身のブランド価値を高めるために「自分が掲げるビジョンや戦略、発言が一貫するように心がけている」と話す。公式の場での服装を白色で統一していることもブランド戦略の一つだと明かした。黒や灰色のスーツ姿の男性が多い中でぱっと目を引くほか、「(汚さないように)食べ方がきれいになるし、背筋も伸びる」。
子どもの時から意識していたという心豊かな暮らしの実現を胸に「多くの方々から親しまれて愛される会社でありたい」と締めくくった。

1/3ページ

最終更新:6/17(月) 12:15
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ